2010年06月22日

小樽のラーメン屋さん「札幌ラーメン菊や 奥沢店」

今回紹介するラーメン屋さんは、雑誌やテレビなどで取り上げられることの無い、小樽でも知る人ぞ知るラーメン屋さんです。


小樽の老舗、「札幌ラーメン菊や 奥沢店」です。
ここのラーメンを食べるのはなんと高校時代以来。超久々に食べてきました。

kikuya_okusawa_tenpo.jpg


どうですか!このレトロな外観。昭和を感じさせる佇まい。
正直、あまりキレイな感じはしません。店内に入るとその思いを一層強くすることでしょう。

カウンターだけのこぢんまりとした店です。
日刊スポーツと一緒に「赤旗」が置いてあります。カウンター奥の古いブラウン管テレビと共に、なんか昭和を感じます。

メニューです。


kikuya_okusawa_menu.jpg


ドリンクやサイドメニュー、トッピングもありません。
一番上の味噌を注文。
やっぱり「札幌ラーメン」は味噌です。


これが「菊や奥沢店」の味噌ラーメンです。影で見づらくてスイマセン。

kikuya_okusawa2.jpg


薄くスライスされたチャーシュー3枚に、札幌ラーメン定番のもやし、タマネギ、挽肉が乗っています。
スープは若干自分にはしょっぱく感じるも、懐かしい味で幸せな気持ちになります。
これが子どもの頃から食べてきた「札幌ラーメン」の味なんだよな〜。
最近の豚骨だの、魚介だの、複雑になったラーメンとは逆方向の、昔ながらのシンプルなスープです。
味噌の味を邪魔しないといいましょうか。
しょっぱさにも慣れてきます。そう、労働者階級の自分はこれぐらいが丁度良いのかもしれません。
置いてある「赤旗」にも合う味です(意味不明)。

麺はちょっと他では見られない極太縮れ卵麺。
こんなインパクトある麺はここ以外使って無いのでは?
これを体感するだけでも、この店に行く価値あります。
好みは分かれるでしょうが、俺は好きです。この麺。
食べ応え、噛み応え、喉ごし、何れもガツンとしたインパクトです。


清潔な最近のラーメン屋、株式会社化、チェーン店化されたラーメン屋には無いインパクトです。
清潔志向の強い客には向かない店だとは思いますが、このような特徴のあるラーメンを出す店が目立たず存在するなんて、小樽の懐の深さを感じずにはいられません。


しっかりリピーターになった俺は、しょうゆラーメンも頂きました。

kikuya_okusawa_syouyu.jpg

コショウ振った後に撮った写真です。黒い点々はコショウです。

味噌ほどの感動は無いのですが、予想通りのシンプルな優しいしょうゆラーメンでした。


小樽の「隠れた名店」と言ってしまいましょう!


「札幌ラーメン菊や 奥沢店」

〒047-0013
北海道小樽市奥沢1丁目15−7
0134-25-1948
営業時間:11時〜21時
木曜日定休
posted by HIKISHIO at 11:53| 北海道 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

札幌市手稲区「たかちゃん食堂」の塩ラーメン

昨日は風が強く、とても釣りどころではありません。
せっかくの休日なのにぃ・・・・・・・。

と、言うことで、普段出来ないことを、昨日はやったんですけど、一日の大半を札幌で過ごしました。
ランチも札幌。どこにしようか迷ったけど、迷ったときはラーメンに決まってます。

前から気になってた、手稲区の「たかちゃん食堂」にしました。

この店、某比較サイトで、不動の1位で気になってたんです。

全然目立たないし、マスコミ、口コミでもあまり聞かない存在なのに、なぜ1位なのか??????
それを確かめに行きました。

場所は札幌市手稲区国道5号線沿い、「有名リサイクル店横の有名ラーメン店横」になります。
よくこの立地で商売していますわ。感心してしまいます。

店構えはこんな感じ。

taka-chan_shokudo2.jpg


インパクトある緑色。そして煙突。
思いっきり昭和を感じます。
暖簾をくぐると、想像以上に小さい店構え。
カウンター7〜8席かな。それプラス小上がりあります。カレンダーがいっぱい貼ってあります。
店内も昭和を感じます。
カウンターの中は女性がお二人。

どんなラーメンが出てくるか予想不可能。
とりあえずオーダーは、一番上の「塩」にしました。

なんとここは、塩・醤油は、たったの450円!
いまどきこの値段でラーメンが食えるなんて・・・。
あまりにも良心的なもんで、チャーシューをトッピングしました(250円)。

レトロな小ぶりなドンブリで出てきたラーメンはこれ。

taka-chan_shokudo_shio.jpg


あっさりで、よくある昔系ラーメンが想像できますね。
一口スープを飲んでみます・・・・・・・・。

何だーーー!このスープは!うめーーー!


見た目以上にコクがあって、旨味が深くて驚きます。
「THE チキンスープ!」です。
思わず完飲してしまいました。
あっさりしてるのにコクがある。コクがあるのにあっさりしている。
細めの麺も、想像以上コシがあって、無駄にのびなくていいんです。

まだ塩しか食べてないけど、「名店認定」しちゃいたいな。

taka-chan_shokudo1.jpg

店のこだわりだそうです。

ここのチャーシューは、豚肉じゃなく、鶏肉です。
鶏肉なのにチャーシューらしさがうまく出ている良い味付けで、俺は大好きです。
しかし、食べる人によっては、パサパサしすぎに感じるかもしれません。


ここの塩ラーメン気に入ったので、近いうち醤油、味噌を体験したいと思います。

塩ラーメン450円+鶏チャーシュートッピング250円=700円

700円の幸せ、ごちそうざまです。
posted by HIKISHIO at 07:28| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

今日も山岡家

今日の昼飯は、またもや山岡家。
昨日の昼飯も「初代」だったので、2日連チャンでラーメン。
カラダに気を遣わなければいけない年頃ですが、ラーメンと酒だけは別。


yamaokaya_syouyu_tamago.jpg


携帯クーポンで、今回は味付け玉子を無料トッピング。
玉子をトッピングした分、罪の意識があったのか、普段「脂多め」のオーダーを「普通」にしました。十分これでも美味いです。
玉子も当たりハズレがあるのかな。
今回は俺好みの茹で加減でGOOD!!。黄身がトロトロでウマーでした。

それにしても携帯会員、トッピング無料だけでもお得ですね。
次回はカロリーを考えて、ネギか海苔にします。

携帯会員といえば、裏メニューっぽいメールも来ました。
チャーシュー丼にトッピング用のバターを乗せると、なまら美味いらしいっす。
オーダー時に「バターはチャーシュー丼に乗せて」って言うといいらしいですよ。
俺はメタボが怖いので飯物はオーダーしませんけど。

[PR]北海道小樽 ラーメン初代【お取り寄せ】

[PR]高級オリゴ糖一か月分プレゼント
[PR]小樽のこだわりアイス!
ラベル:ラーメン 山岡家
posted by HIKISHIO at 19:37| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽のラーメン屋さん「初代」

もはや紹介する必要もない有名店。「初代」です。

札幌ら〜めん共和国を"卒業"して、店主が本店に戻ってきたと聞き、行って参りました。

日曜午後一時に着くと、行列はなくすんなり入れましたが、一日限定30食の「白たまり醤油」は残念ながら完売。ならばと鉄板の醤油をオーダー。
その後、外まで行列が出来はじめました。ナイスタイミングでの入店です。
TVチャンピオンで2位になったことで有名な店主も、確かに小樽に戻っていました。
店主の方がいると店の空気がピリっと絞まった気がしますね。

実は前夜、忘年会で飲み過ぎたため体調悪し・・・。
ここのお冷やは水ではなく麦茶なので二日酔いのカラダには嬉しいサービス。どんどんカラダが麦茶を欲しがります。

ラーメンが出てきました。

syodai_syouyu.jpg


これです!これ!
スープに張った脂の膜が熱さを逃さない、この魚系豚骨スープがなまら美味い!
小樽のラーメン店でハズレ無しを紹介しろって言われたらやっぱりここです。

ちょっと後悔したのが、自分の体調です。二日酔いで、味覚音痴になっていたように思うし、途中で胃もたれを感じてしまいました(完食したけど)。
体調良ければもっと美味しく食べられたのにね。

大きめのチャーシューも相変わらず柔らかくて美味かったなぁ。
チャーシューといえば、年末限定でチャーシューの予約販売やってました。1本5000円〜6000円だったと思います。

今まで気が付かなかったんだけど、メニューの表紙にこんな写真使ってたんだ。

syodai_soup.jpg

魚の味が特徴なので、もっと種類を使っているかと思ったら煮干しだけなんですね。

「表に出ず、スープとして姿を為す」

スープには色んな材料が使われていますが、色々な食材に感謝しなければいけませんね。
一杯720円の幸せありがとうございます。


「初代」
小樽市住吉町14番8号住所クリックで地図表示
0134-33-2626
営業時間/平日11時〜15時位 土日祝11時〜19時位(途中休憩あり)
※スープがなくなり次第営業終了
定休日/毎週火曜日


[PR]北海道小樽 ラーメン初代

[PR]小樽ラーメン「蔵屋」

[PR]北海道「すみれ」のみそラーメン
posted by HIKISHIO at 17:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

小樽のラーメン屋さん「らー麺 京や」

シンプルな札幌みそラーメンが食べたくなって、小樽の「らー麺 京や」に行って参りました。

札幌ラーメンの特徴といえば、ウィキペディアにもありますが、

1.ラードで炒めた野菜(主にモヤシ)が乗っている。
2.炒めた野菜には、コクだしのため少量の挽肉を入れ、どちらかというと澄んだ豚骨(ガラ)スープを入れて軽く煮込む。
3.かん水が多めの黄色く太い縮れ麺を使用。


そんな昔ながらの札幌ラーメンが食いたくなったのです。
しかしながら、最近のラーメンは各店が個性を競うあまり、ラーメンが「高級化」「複雑化」して、昔ながらの味噌ラーメンが減ったように思います。
気軽に食べるべきラーメンが、ご馳走になってしまったというか。

そんな中、知人に紹介されたのがこの店。まだ未食でありました。


意外に豊富なメニューに迷うも、シンプルな札幌味噌が食いたいので、「こってり味噌」をオーダー。

麺ゆでは女性、店主は中華鍋で野菜を炒めスープを担当。
出てきたのがこちら!


kyouya_kotteri_miso~02.jpg


具は、炒めたもやし&タマネギ、挽肉と札幌味噌の王道パターン。
それに薄目のチャーシュー2枚、メンマ、白髪ネギが添えられています。

こってりスープを口に運ぶと、意外にさっぱりしていて驚かされます。
丁寧に14時間強火でゲンコツを煮込んだスープと白味噌がベストマッチ!
こってりというより、マイルドかつ濃厚クリーミーです。これは美味い!
他との違い出してますね。

スープ完飲注意報発令中です!

この絶妙スープといい、麺をすすると一緒に口に入るもやし・挽肉といい、札幌味噌ラーメンを堪能いたしました。
麺はスープとの相性バッチリでしたよ。

一杯700円の幸せありがとうございました。
昔ながらの札幌ラーメンも十分「ご馳走」でした。


帰りに6枚綴りの100円割引券をくれるので、この店のラーメンは実質100円引いて考えられますね。
次回はあっさり系ラーメンや、「特製みそ」850円(実質750円)に挑戦してみたいです。


「らー麺 京や」
小樽市稲穂3−4−15(住所クリックで地図表示)
рO134−27−0036
営業時間/11:30〜15:00 18:00〜23:30
定休日/月曜日


[PR]北海道小樽 ラーメン初代

[PR]小樽ラーメン「蔵屋」

[PR]北海道「すみれ」のみそラーメン
posted by HIKISHIO at 17:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

山岡家ファンクラブ

またもや山岡家のネタですいません。
だって好きなんだもん。

俺にとって山岡家って、すき家やマクドナルドと同じ存在。
俺にとってのファーストフード店なんです。(麺茹でに時間かかるけど)


山岡家に行って、こんな貼り紙見た人も多いと思います。

yamaokaya_keitai_coupon.jpg


早速、QRコードでアクセス。ファンクラブ会員になってしまったです。はい。

この店内広告に書いてあった裏メニューという文字に惹かれたんですけどね。

で、山岡家から来た最初のメールはトッピング無料券でした。
ケータイ画面を見せると「味付け玉子」「味付けネギ」「海苔5枚」のトッピング、いずれか一つが無料だそうです。
なんと12月31日まで何度でも使えます。

で、早速食べてきました。
醤油ラーメン、濃いめ、多め、硬めの最強オーダーに、「味付けネギ」トッピングです。

yamaokaya_syouyu_topping_negi.jpg

山岡家の味付け白髪ネギは、ちょいピリ辛で好きです。
ネギラーメンにするとチャーシューがサイコロ型になって690円。
レギュラーラーメンにネギトッピングすると150円増しで740円です。(チャーシューは普通のスライス)
それが590円の値段で食えるなんて、薄給サラリーマンにとっちゃぁ嬉しい話じゃないですか!

今回、いつもと違う店舗に行ったんですけど、いつもよりチャーシューが薄く、硬めオーダーだったのに、気持ち柔らかかったのが残念。
それに刻みネギ、厚くないかね?
これはチェーン店のラーメンということで諦めましたけどね。

それにしても「裏メニュー」が気になるのだ!!




※ラーメンカテゴリーを新設。これまでのラーメン記事をそちらに移設しました。
[PR]北海道小樽 ラーメン初代【お取り寄せ】

[PR]高級オリゴ糖一か月分プレゼント


[PR]新譜、輸入盤、懐かしい名盤…充実の品揃え タワーレコード

ラベル:山岡家 ラーメン
posted by HIKISHIO at 22:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

山岡家「"濃厚"プレミアム塩とんこつ」

本日の昼食はラーメンでした。
行きたいラーメン屋は沢山あれど、時間も無いし、ついつい安全策を取ってしまいます。
アクセスが良くて外さず美味いところです。

今日も山岡家です。
芸が無くてスイマセン。

梨田監督が継投でついつい建山や江尻を使ってしまうのと同じでしょうか。

いやいや違いますね。彼らはよくハラハラさせてくれます。
絶対的守護神の武田久みたいなもんですよ!
・・・って、日本シリーズ第5戦みたいな日もありますが。

当然、今日もいつもの醤油ラーメン(硬め、多め、濃いめ)をオーダーするつもりでしたが、店頭で期間限定のプレミアム塩とんこつの存在を知りました。
店を挙げてプッシュしています。


premium_shiotonkotsu (2).jpg

この背脂!
携帯の写真でわかるかな?
とにかく背脂の量でびっくりです。そのスープの色といいまるで「甘酒」みたいに見えます。

俺は山岡家のレギュラー塩味は、とんこつ臭いだけで好きじゃなかったのですが、このプレミアムは良い裏切りをしてくれました。
日本シリーズで、不安いっぱいだった藤井が好投をしたみたいな感じでしょうか。
(藤井はFAですね。さようなら。移籍先ではもっと頑張れよ!)

スープは濃厚なのは文字通りですが、味も濃いめです。
レギュラー塩味とは違った味付けです。
醤油派の俺にもいけました。
具の柔らかいメンマもGOODです!

780円という価格設定以外は納得の一杯です。
危なく背脂スープを完飲するところでした。
途中で"理性"が働いてやめましたけど。

[PR]北海道のラーメンを楽天で探す

[PR]脅威のリピート率!便秘に悩む人に爆発的人気!高級オリゴ糖一か月分プレゼント

[PR]ぷよぷよボディをすっきりスリムに

posted by HIKISHIO at 23:13| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

小樽に山岡家オープン。朝里地区はラーメン激戦区化か?

yamaokaya_syouyu_iwanori.jpg


「山岡家」

極太ストレート麺、濃厚豚骨スープが特徴で、どちらかというと個性的で好き嫌いが分かれる部類のラーメンですが、「なぜか急に食べたくなる」「一月に一度食わないとダメ」「あの店舗まわりの豚骨臭がたまらない」等々と、確実にリピーターを増やし、成長し続けている"企業"であります。

その山岡家、6月17日プレオープン、20日にグランドオープンということで、いよいよ小樽にやって来ます。
小樽のラーメンファン、山岡家ファンにとっては朗報であります。
今までは、わざわざ札幌への買い物ついでに、手稲店で食べる人が多かったもんね。
他の地方にもあるのに「なぜ小樽は無いんだ!」と、憤慨した声もよく聞いていました。

小樽の店舗は「朝里店」。新光への出店となります。
↓↓以下クリックで店舗情報↓↓


山岡家朝里店
〒047-0152
北海道小樽市新光2丁目2-5
TEL:0134-54-0718
営業時間:AM11:00〜翌2:00


山岡家出店で心配になるのは、朝里地区の既存のラーメン店です。
ここは、小樽発祥の有名店「あっぱれ亭」、個性派ラーメンの「こもれび」、旧「醤油屋」で、ファミリー層をガッチリ掴んで週末行列が出来る「一期一会」、その他にも、焼肉店併設の「御麺安」、昔ながらのラーメン店「福来軒」などがあります。
こうして見ると、小樽朝里地区のラーメン店は美味しい店ばかりですな!


山岡家出店で一番警戒心を持っているのは、基本3味の低価格、客層、駐車スペースの多さ等でかぶる「一期一会」でしょう。
早速山岡家オープン前日の16日から、新味「辛みそとんこつ」を期間限定で500円で出し始めました。今日も駐車場は満車状態だったようです。

攻める山岡家は、チェーン店独特の「店舗」「時間帯」「従業員」の違いによる味の違いをどう埋めるかが当面の課題でしょう。
以前、某店舗で「麺かため」を頼んだら、店員が「あっ」と、つぶやきながら柔らかい麺を出されたことがあるしw

いずれにせよ、街に美味しいラーメン店が沢山あるということは嬉しいことです。
新興勢力も既存店も、厳しい環境でしょうが、切磋琢磨して美味しいラーメンを食べさせてください。



※冒頭の写真は山岡家の醤油ラーメンに岩のりをトッピングしたもの。見た目は岩のりで良くないけど美味かったです!

posted by HIKISHIO at 23:27| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

小樽のラーメン屋さん「みかん」正油編

以前も書きましたが、小樽のラーメン屋「みかん」の続編。今回は正油ラーメンをご紹介。

前回食べた味噌が、あまりにも美味しかったので、俺が個人的にラーメンで一番好きな正油を食べてきました。

これです。これ。
今回は煮たまご(100円)をトッピング。

mikan_syouyu.jpg

濃厚な色がわかりますか?
スープが絡んで、麺まで濃厚な色をしています。この色が食欲をそそります。

一口スープを飲むと、濃厚な色合いの割にはあっさりしていて、良い意味で期待を裏切ってくれます。油のギトギト感はありません。
味付けはトッピングの煮たまご同様、ややしょっぱいのですが、これぐらいがラーメンとしては丁度いいのかなって思いました。
煮たまごの茹で加減、黄身のトロリ感も完璧でした。

しょっぱい物を食べると、のどが渇きますね。
「みかん」の"冷水ポット"は、こんなにカワイイんです。

mikan_yakan.jpg

小さめなこのやかんが、レトロな内装とマッチしっていい雰囲気を出してます。

この店、本当に通いたくなるわぁ。

一杯800円の幸せ(煮たまご込み)ご馳走様でした
posted by HIKISHIO at 11:47| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

小樽のラーメン屋さん「みかん」

本日は仕事がお休み。今年の釣り初め!と、気合十分でしたが、強風でどこも釣りになりそうにありません・・・残念。
妻も子も出かけて居ないし何しようっか・・・っていうことで、とりあえず昼飯にラーメンを食べることにしました。テーマは「行った事が無い店」です。
色々悩んだあげく、どうせ食うなら美味い店ということで、味噌が絶妙と評判の「らーめん みかん」小樽市新富町13−13に決定。(リンクをクリックするとgoogleマップを表示)

12時過ぎに店に入るともう満席で、ほんのちょっとだけ待たされました。
その間に壁のメニューを確認。

mikan_menu.jpg

「困ったときは一番右側を注文すべし」という掟を守り味噌を注文しました。

これがその味噌ラーメンです。

mikan_miso.jpg

左側のチャーシューにはおろし生姜が乗っていて、それをスープに絡ませて飲むと絶妙!美味い!
チャーシュー自体も肉厚でトロトロ、他に角型に刻んだチャーシューもあってお得感があります。
野菜はタマネギが甘く柔らかくて、麺を邪魔しないと言うか、なんつーか。
肝心の麺は中ぐらいの太さでしょうか、縮れ麺でコシがありました。硬めに茹でられているのも◎です。
このスープは本当に美味しくて、脂が多目のコッテリ系なのに簡単に飲み干せそうな感じ(健康を考え飲み干すのはやめました)です。
俺は味オンチかもしれないけど、自分の舌にはピッタリはまった味でした。
隣の人がトッピングしていた味付タマゴも美味そうでした。俺も頼めば良かった。
噂によると、ここの店主は札幌の有名店「すみれ」で働いていた方とか。どうりで本格的です。小樽でこの味が食べられるなんて嬉しいです。

一杯700円の幸せ。ご馳走様でした。


帰りは南樽市場で魚ッチング。
釣りに行けないストレスを解消。

nantaruichiba.jpg

マガレイ開幕もあと少し。ニシンは相変わらず多く売られてますなぁ。









posted by HIKISHIO at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。