2009年11月17日

ビバ!泡沫候補

突然ですが、選挙って好きです。
選挙は勝負事ですもんね。男の本能が騒ぐのかもしれません。
開票速報ってドラマですよ。


先日、石狩を走行中、このポスター発見!

shintou_honshitsu.jpg


先の衆院選で、なぜか北海道から出た泡沫政党、新党本質のポスターだ!

ド派手な選挙活動を展開するも、獲得投票は残念なことに・・・。
選挙が終わった今も片づけられずに、佐野代表は走行車両を見つめています。


泡沫候補といえば、このブログの過去記事で触れた、山田得生氏が、故郷である湧別町の町議選挙に出馬し落選してしまったそうな・・・。

山田得生氏の得票状況「ザ・選挙 -選挙情報-」

残念ながら、過去の知事選で得た、28,190票は越えられなかったようですね。

彼のファイティングスピリットを忘れないためにも、知事選のときの公報とポスターを残しておきます。

yamada_tokuo_poster.jpg


yamada_tokuo_kouhou.jpg

そんな俺は、選挙の時は割とメジャーな候補に投票しています。
あしからず。

[PR]【送料無料】【新物】北海道カニしゃぶ福袋

[PR]→ライブチャットするならココ(10分無料)←

[PR]楽天
posted by HIKISHIO at 00:23| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

小樽にプロ野球チーム???

11月11日付け道新朝刊を見てビックリ!!


【北海道新聞】「北海道に野球独立リーグ」 2011年春、試合開始へ


毎日新聞によると、「北海道独立リーグは他の独立リーグ同様、日本プロ野球組織(NPB)入りを目指す」そうです。

そして記事によると、なんと「11年4月の開幕を目指す」そうで、なんとなんと「1年目は札幌市と小樽市の2チームで開始し、12年からは4チームに増やし、各チームが年間72試合をこなすリーグ戦を行う予定」なんだそうです。


なんとなんとなんと!小樽にプロ球団誕生!かもしれません。

本拠地は桜ヶ丘球場しかないよなぁ。

でもあそこ、ホームランは道路行きなのだ!
だって外野スタンドないもんw
・・・車通りは少ないところだけど。
あの球場古すぎるよ。雰囲気最高だけど。

小樽最大の野球場、桜ヶ丘球場について詳しくは、ここをクリックしてね

この不景気で、しかも北海道で、独立リーグが軌道に乗るなんてかなり至難の業だと思うけど、小樽にチームが出来たら当然応援します。
将来的には、旭川、苫小牧、函館、帯広・釧路の6チーム体制にするそうです。帯広・釧路一括りはどうなんでしょう?
オホーツク武部党の地域にも欲しい気もします。
難しいことだけど、リーグが出来たら軌道に乗って欲しいし、リーグ出身選手が沢山ファイターズに入ったら素晴らしいことだと思います。


北海道独立リーグが軌道に乗って、小樽のチームが強くなって人気が出たら、夢のような話だけど、築港地区にでも新しい球場(外野スタンド、屋内練習場有り)が出来たら最高だと思います。

鎌ヶ谷からファイターズ二軍施設も小樽に移転してきて、「一軍に行きたかったら張碓峠を越えろ!」とか、エリート選手には「あいつは札樽道乗ってるからな」とか、二軍落ちの選手には「海見て来い!」とか・・・そんな言葉が生まれたりして。
瀕死のウィングベイ築港開発も大賑わい!



・・・オッサンの妄想はあり得ない方向にどんどん向かってしまうのであった。

[PR]このグローブでみんな上手くなった

[PR]9年連続ゴールデングラブ!イチローのグローブは・・・
posted by HIKISHIO at 01:12| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

小樽中央市場 小樽中央卸市場 

市場の中の昭和

091020_1607~0001.jpg


091020_1608~0001.jpg


091020_1608~0002.jpg


空きテナントだらけの市場内は、工夫と努力がいっぱいである。


俺が子どもの頃は、まだ行商のおばちゃんがいた。

091020_1609~0001.jpg


市場

091020_1614~0001.jpg

091020_1614~0002.jpg





市場近くのラーメン屋。
先代は誰もが「一番」と認めていた。

091020_1613~0001.jpg

091020_1613~0002.jpg




なんてこった・・・・・。










[PR]小樽ワインなら

[PR]北海道の海の幸満載!

[PR]小樽の地酒ならココをクリック
posted by HIKISHIO at 01:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

愛犬と日帰りドライブ〜ニセコ編〜

昨年、我が家に愛犬が来てから、家族での外出が制限されてしまいました。

買い物といったって、犬が入れる商業施設はごく少数です。
ペットホテル等に預けるといっても、恥ずかしながら教育が悪かったのか、うちの愛犬は「犬嫌い」なのです。犬のくせに困った奴です。
外食するのに、妻の実家に預けようとすると、娘が「犬も一緒じゃなきゃ嫌だ。おうちで食べる!」と、ゴネ始めます・・・。


ある日、ネットサーフィン中ニセコアンヌプリスキー場のHPにたどり着きました。
なんと夏期営業中は無料のドッグランを開設!
しかもアンヌプリ付近には「ペットOK」な施設が沢山あるじゃないですか!
これなら家族全員楽しめます。
早速翌日ニセコへGOなのです。




続きを読む
posted by HIKISHIO at 13:21| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

潮音頭DL問題自己解決

前の記事「潮音頭でサァサー踊ろうよ♪ ドンドコザブーンだドンザブーン♪」で、潮音頭をダウンロードするのに、「QuickTime Pro」で3,400円もかかってしまうと書いたんですが、色々いじってるうちに、「RealPlayerにダウンロード」の文字発見!
早速ダウンロード出来ました。
これで思い立ったら潮音頭でテンション上げられます。

それにしても、「潮おどり唄」の美幌健氏の歌声はソウルフルですなぁ〜。
"港町小樽"の力強さが表現された佳曲です。聴けば反応してしまうので、嫌でも「俺は小樽っ子なんだ」と、自覚させられますわw
まず、そのイントロです。
あの勇壮なリズムはコージー・パウエルもビックリ!
あのリフ(?)はリッチー・ブラックモアでも思いつきません!
(当たり前かw)


で、前記事でも紹介した潮まつり公式サイトの潮音頭のページには、嬉しいことに歌詞の記載もあります。
それを見て潮音頭には「十番」まであることを知りました。

通常祭りで流れるものや、公式サイトの音源でも「五ツナーエー」で終わっていたと思います。「六ツナーエー」以降の歌詞には馴染みがありません。
「八ツナーエー」までは普通に歌えそうですが。「九ツ」と「十ツ」はどうやって歌うんでしょう?
以前、「三波春夫は、さっと録音しちゃったので、潮音頭のことは覚えていない」と、聞いたような記憶もあります。
そうなると、三波春夫氏がフルの「十ツナーエー」まで歌ったかどうかも不明ですなぁ。

潮音頭の音源は確保しましたが、また新たな疑問が生じてしまいました。

この謎は朝里のお湯で解くことにしましょうか・・・。


↑ ↑ ↑
俺、なまら上手い!


posted by HIKISHIO at 00:49| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

潮音頭でサァサー踊ろうよ♪ ドンドコザブーンだドンザブーン♪

小樽最大かつ、市民および出身者のDNAにしっかりと「潮音頭」がインプットされたお祭り、「おたる潮まつり」が、今年も7月24日(金)〜26日(日)の日程で開催されます。

潮まつりの公式サイトがあるのを先日知りました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
おたる潮まつり公式ウェブサイト

なんと、今年で43回目!
北海道有数の歴史を誇るお祭りじゃないですか!

俺が高校生の頃は、彼女が出来たら潮まつりの花火大会に行くのがステータスでした・・・。

俺は一度だけ花火デートが出来たっけ・・・・・・・。
あの頃は、花火なんかより彼女の方がダントツに綺麗に見えた。
彼女の瞳に映る花火しか見えなかったぜ!


あの頃、彼女は成績優秀な学生で、彼女に追いつくために一所懸命勉強したっけなぁー。
別れた後は、俺の成績は雪崩現象だったけど、お陰で今の自分があるかもしれんです。
今、彼女はオバサンなんだろうか・・・・・・・・。
俺はオジサンになっちまった。



そんな前置きはどうでもいいんですけど、潮まつりといえば、三波春夫先生の「潮音頭」です!
この曲を耳にすると、大抵の樽っ子は「血沸き肉踊る」状態になります。
一見冷静に見える人でも、心の中は・・・


「そーれっ!そーれっ!」


と、合いの手を入れているはずです。
小樽市民と出身者にとって、国歌のような存在です。(だと俺は思う)


その「潮音頭」を、公式サイトで聴けるんです。
嬉しいじゃないか!そこの樽っ子!

おたる潮まつり公式サイト「潮音頭」

↑ ↑ ↑
上のページでは、嬉しいことに「潮音頭第二」こと、「潮おどり唄」by美幌健まで聴けちゃいます!


この「潮音頭」、音源を探してもなかなか見つからなかったんです。
俺の調べですけど、現在はこのCDで手に入るようです。

日本全国歌めぐり
日本全国歌めぐり


同アルバムから音楽配信サイトでダウンロードしようとしても、「潮音頭」は出来ないようです。美幌健氏の「潮おどり唄」においては、探すのは困難と思われます。


潮まつり公式サイトでは、無料のQuickTimeがあれば両方とも聴くことが出来ます。
しかし、サイトからダウンロードするには「QuickTime Pro」が必要になるそうです。

「QuickTime Pro」は3,400円でございます。
この2曲のために3,400円は・・・ちょっと・・・・・・・・。

良い方法がないかなーーーーー、なんて思う今日この頃でした。


今年の潮まつりは、初日の24日(金)にも花火大会を行うそうな。
当然、最終日の26日(日)にも美しい花火がフィナーレを飾ります。
皆様の来樽、心からお待ちしております!
不景気をぶっ飛ばそうぜ!!
posted by HIKISHIO at 02:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

小樽空襲 小樽祭り 赤飯

小樽最大の神社、住吉神社の例大祭は「小樽祭り」と古くから言われ、市内アチコチの町内会で子供みこしが練り歩き、祭囃子が聞こえ賑やかになります。市内に本社を置く多くの会社もこの日は休みます。


1945年と聞けば、多くの方は戦争のことを思い浮かべると思います。
その1945年の小樽祭りに、小樽は米軍の空襲を受けたのです。


小学生の頃、授業中に先生から小樽空襲の話を聞かされました。
当時は戦争の話より、「昔はニシンがなまら獲れてな、俺ら木のボッコに釘打って鈎針みたいにして、港でそれを引っ掛けて漁師さんから"貰って"いたんだ。それでも漁師さん怒んなかったぞ。貰ったニシンはオヤツだ。それだけ昔はニシンがいっぱいだったんだ」という話の方が面白く、先生の語った空襲の話はよく覚えていません。


昭和ひと桁の母なら覚えているかと、当時のことを聞いたこともあります。
「うちの父さん(俺の祖父)は、国鉄職員だったせいか色々貰い物が多くてそんなに食べ物に苦労しなかったと思うわ(闇で乗客から貰っていたのか?賄賂?)。空襲のときは小樽祭りでね、いつものように赤飯炊いてたわ。なんかよくわかんないけど怖かった。でもロシアはずるい。終戦間際に参戦してきて北方領土持っていっちゃった」

俺の母は戦時中ものん気だったようです。あまり戦争の記憶が無いようでした。
その母から、もう一度小樽空襲の話を聞くことは出来ません。(まだ生きていますが・・・)
赤飯を食べられるぐらいだから、北海道はまだ食糧的に余裕があったのかと推測されます。
内地の「疎開」だとか「食糧難」というキーワードは母の口からは聞かれませんでした。
ただ、小樽市内にも"戦争に備えた"跡が色々あるようです。今度探検してみたいと思います。


この小樽祭りの時期。俺は無性に赤飯が食べたくなります。
出来ることなら母の赤飯が食べたい。
ごま塩をいっぱいふりかけ、「なんで戦争のこと覚えてないのさ?ちょっとは思い出せや!」と、憎まれ口を利きながら、今の平和を祝いたいものです。



小樽祭りは7月14日〜16日。
15日が本祭です。
posted by HIKISHIO at 01:39| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ふるさとの川は美しく

小樽某所でこんな看板発見。


kawanokanban2.jpg


kawanokanban1.jpg

ごもっともです。

川は山の栄養を海に運び、多くの生き物を育みます。
山や川を大切にすることは、郷土を愛することだと思います。

この看板が立っていた川です。



kumausugawa.jpg



・・・三面コンクリート張りの小河川。

これじゃ、生物は育まないですよね。
少なくともカッパやナマズは間違いなくいないでしょうね。
水にも親しめません。



※コンクリート張りだからといって汚していいという意味ではありません。川にゴミを捨てるのは絶対にやめましょう!


タグ:小樽
posted by HIKISHIO at 14:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

斎藤誠「札幌ネブラスカ」&札幌オフ会

イッテマイリマシタ!

斎藤誠さんの25周年ライブ、『ツアー・ザ・ネブラスカ“25”』!
札幌ネブラスカです。

今回は、弊ブログでいつもお世話になっております、まゆらさんfrom道東と、ララル♪さんfrom愛知とご一緒させていただきました 。

ライブ会場のSOUND CRUEで、無事お二方とご対面。なんかこういうのって照れますねw
お二方とも、想像以上にお若く可愛らしい女性で、序盤戦ド緊張!
お土産交換したり、ビールを飲んでるうちにリラックスしてお話することができました。すると、なんか初対面じゃないような気がしてきて不思議でした。
今まで、お互いのブログを行ったり来たりしてきたお陰かもしれませんね。他人という感じがあまりしませんでした。

soundclue.jpg


続きを読む
posted by HIKISHIO at 23:41| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

函館出張

出張で函館にイッテマイリマシタ。
思えば何年ぶりだろう?

現地での移動の心強い足。市電です。

hakodateshiden.jpg

本当はハセスト「やきとり弁当」のカラーリングの電車に乗りたかったなぁ・・・。←子供かっ!


hakodate_marui.jpg

丸井今井函館店付近は、いっぱいこのポスター貼ってました。
小樽もさびれ方は凄いけど、函館駅前地区も寂しかったですね。
丸井のある五稜郭方面はまだ賑やかな方ですけど。
地方はやっぱ厳しい。


ホテルの窓から五稜郭タワーが見えました。

hakodate_goryoukaku.jpg



結論。

函館って仕事しにに行く所じゃないですわ。
次は遊びに行きます。

家族へのお土産はラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーでした。

なまら美味し!
posted by HIKISHIO at 23:32| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

またもやエゾシカ肉をいただきました

またもやエゾシカ肉が、知り合いの知り合い×3なハンター氏から、我が家に回って来ました。
ハンター氏の名前も顔も知りませんがありがとうございます。

今回の鹿肉はこれ↓↓↓です。前回より大きいです。

shikaniku_before.jpg

大きさの比較対象として、側にあった空になったコカコーラゼロのペットボトルを置いてみました。
このペットボトル、500mlじゃなくて1.5lです。念のため。

この足一本の肉を骨から外すわけですが、魚と違って哺乳類の筋肉は複雑で、どこをどう包丁を入れればいいかわかりません。
俺が整形外科医だったら、「ここは、○○筋」とか言って、簡単にさばけるのだろうけど、やっぱり俺には難しかったです。

このようになりました。

shikaniku_after.jpg

下手くそですよね。
それでも、大地の生命をいただくわけですから、この後も骨から肉や筋をなるべく削ぎ落とし、愛犬用に保存しました。

もも肉の部分をとりあえずジンギスカンにしましたが、前回の肉より臭みがあって硬い感じでした。
エゾシカの固体が大きいからでしょうか?
自分で包丁を入れていると、肉の部位によっての感触その他の違いもわかるから、食べてみて味の違いに納得です。

我ながらいい経験をしていると思いました。

残った肉はとりあえず冷凍保存して、カツや、ジャーキーを作る予定です。
posted by HIKISHIO at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

家でジビエ エゾシカ肉はなまら美味いのだ!

「知り合いの知り合い」を3回ぐらい繰り返した距離の間柄なので、一度も会ったことがないし顔も知らないのですが、とあるハンターの方から、エゾシカ肉足1本分を頂きました。

「犬飼っているならいい餌になるべ」とのことで、我が家に回って来たようです。
写真がコレ↓

ezoshika.jpg

写真の下の部分が膝から下で、上がもも肉だと思います。
まな板との大きさの比較で、小鹿だと推測されます。

我が家ではももの部位を一部ジンギスカンにして、人間が頂きました。
これがもうもう!チョー美味なんだなぁ!
クセが無く、柔らかい。上質なラム肉よりクセが無い。
ハンターの技量の高さが想像できます。
あんたスゲーよ!(顔も知らないけど)

膝から下の部分は骨と一緒に茹でて、肉は愛犬に与えました。
もうもう、「犬夢中!なるほど味の差!」でしたね。

茹で汁をベースに、「鹿もも肉のシチュー」を作ろうと思ったんですけど、奥さんが間違って汁を全部捨ててしまいました(涙)

とりあえず残った肉は冷凍しました。自然からの命の贈り物を、後日家族みんなでありがたく頂戴いたします。


北海道では増加一途のエゾシカですが、一般に流通させるのはかなり困難なようですね。

【BNN】増えるエゾシカ、減る猟師、進まぬ食材利用 前編
【BNN】増えるエゾシカ、減る猟師、進まぬ食材利用 後編

「北海道の新名物にエゾシカ肉を!」と、考える人は多いようですが、なかなかうまく行かないようですね。


※愛犬が肉を美味そうに食べるシーンや、ジンギスカンの写真は、例によって撮り忘れましたw



こちらもご覧ください。シカ肉の入手先やレシピが沢山です。
社団法人エゾシカ協会
posted by HIKISHIO at 16:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

えっ!西武まで! 地方の百貨店は終焉?

世の中不景気で、とにかく暗い話題ばかり。
ここ北海道は特に状況は厳しく、先日も北海道の老舗デパート「丸井さん」が民事再生法の適用を申請したニュースは、道内を大きく驚かせたばかりです。
薄野のロビンソン百貨店も閉店しました。

今朝さらにこんなニュースを見て、さらにビックリです。


【NHK】そごう西武 店舗売却など検討


「西武百貨店については北海道の札幌と旭川の店舗を閉店する方向で検討を進めています」だそうです。

この年末年始、景気後退で売り上げが激減したデパート業界ですが、やはり北海道から閉店等が始まるんですね・・・。
それだけ北海道経済は深刻だと言えるのでしょう。

俺が子供の頃は、小樽でさえデパートが3軒もありました。
丸井さんと大國屋、そしてニューギンザです。
デパートの「食堂」で食べるお子様ランチはご馳走でした。
母はソフトクリームを食べさせてくれませんでした。あのスタンドに立っているソフトクリーム美味そうだったなぁ。

そんな華やかな(?)お出かけ文化は地方から無くなろうとしています。

仕事が無く、あっても低賃金の地方では、高品質なものより今日の目玉商品卵L玉108円(お一人様1パック限り)の方が大事だったりします。

ゆとりや豊かさの感じられる世の中になって欲しいものです。
posted by HIKISHIO at 10:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

小樽グランドホテル閉館!

なんと!小樽グランドホテルが閉館するらしいです。
市内中心部に位置する同ホテル。これまた数年前に撤退した丸井今井小樽店と共有していた建物は、巨大な空きビルと化してしまいます。

地元では大きく取り上げられています。

090116_1948~0001.jpg

090116_1949~0001.jpg

上の写真2枚は、北海道新聞小樽後志版です。

参考URL
【北海道新聞】小樽グランドホテル、来月閉館 従業員120人解雇
【小樽ジャーナル】小樽グランドホテル 2月15日に閉鎖

このホテル位置的は、すでに小樽を離れて時間が経った方には、丸井さん、北海ホテル、ニューギンザの辺りと言えばわかりやすいかもしれません。

このホテルは披露宴を始め、各種パーティー、宴会場としても利用されて来ました。地元選出議員なんかも報告会等をやってましたね。
年末には芸能人を招いてディナーショーなんかも…行ったことないけど。

これで小樽で、というか後志地区で大きな披露宴が出来るホテルはグランドパーク小樽(旧ヒルトン小樽)だけになってしまいました。
寂しい限りです。

閉館の理由はリンク先の記事を読んで頂くとして、市中心部に大きな空きビルがあるのは、観光都市としてマイナスイメージです。
噂されるデベロッパーとの交渉が早くまとまり、ビルが再生さること。商店街が活性化されること。解雇される従業員のいち早い再雇用を願います。


さらに、今朝の新聞にはこんな記事も・・・

【北海道新聞】ウイングベイ小樽の運営会社 イオンへの弁済困難に 施設営業は継続

市中心部と郊外の核。
この二つが共倒れにならないよう、心から願います。

「もう小樽は駄目だ」

そう言う声を聞くのは寂しい限りです。
posted by HIKISHIO at 10:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

衰退する街で過去の繁栄を思う

furui_fukanzu.jpg

年末年始が忙しかったおかげで、体重を2キロほど落とすことが出来ました。
お腹周りとお尻が若干締まりました。今年の目標はこの体型維持です。
さらばメタボ!

先日、2時間ほど自由な時間があったので、ウィングベイ小樽に散歩しに行きました。
体型維持のため歩かなきゃ。

久々の"マイカル"ことウィングベイはスカスカでした。客がほとんど歩いていない。とにかく空きテナントだらけ。さらに残っているテナントにも『閉店』の文字…オープン当時の混雑が嘘のよう。
苦肉の策でしょうか、空きテナントスペースにイスとテーブルが置いてあります。それがあちこちにあるので、高齢者の方にはオススメの散歩コースです。雪も無いから歩きやすいし。

その空きテナントを利用して、昔の小樽の写真を展示していました。
この記事頭の写真は、小樽の鳥瞰図です。遠くは東京や朝鮮まで書いてあります(笑)
「写真撮影禁止」とは書いてなかったので(たぶん)、何枚かケータイで撮影しました。
※問題があれば削除します。

chikkou_atari.jpg

これは明治時代。今の築港駅あたり。熊碓トンネルだそうです。
今は埋め立てられ港になっていますが、当時は平磯岬からこんな風に海岸が続いていたんですね。さぞかし魚が釣れたことでしょう。


namara_fune_ippai.jpg

この写真は昭和初期の小樽港。船の数が尋常ではない!
今の小樽港とは大違い。北海道経済をこの港が支えていたのでしょうね。さぞかし魚が釣れたことでしょう。


otarunanoni_suke-to.jpg

小樽はスキーの町なので、スケートとは無縁のような気がしますが、ホッケーで遊ぶ人たちです。
今の市立体育館あたりだと思います。グラウンドにリンクを作ったって聞いたことがあるような。
昭和30年代の写真です。


俺の知らない時代の小樽。現在では信じられないぐらい栄えていたんですよね。
何をやってもうまくいかない現在の小樽。
その象徴のようなハコモノ、ウィングベイ。
そこで見る過去の小樽の賑わい。

複雑な気持ちになりました。

ウィングベイが出来て、地元商店街が衰退し、ウィングベイからは市外資本が撤退する。
最悪の共倒れは避けなければ、この街に未来はない。
「何でこんなもの作ったんだ!?」と言うのは簡単。今さら手遅れ。
この施設は残さなければならない。



そんなことを考えながら約3000歩。
買い物はなるべく地元小樽でしたいものです。





posted by HIKISHIO at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

覚え書き(初雪2008)

朝出勤途中。

眠いのを堪えながらも、遅刻しないようにテンパリながらも、安全運転に気を付けながらも、朝のウ○コをガマンしながらも、天狗山がうっすらと白く染まっているのを確認しました。

写真を撮る余裕ってか、そんな気持ちすら無かったっす。
今年もブロガー失格です。


冬です。
嫌な季節です。


タイヤはいつ交換しようかな・・・・・・。
メンドクセ。
posted by HIKISHIO at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

覚え書き(雪虫2008)

今年の雪虫初観測(HIKISHIO調べ)は10月11日でした。
一昨年は10月10日昨年は10月25日だったようです。

初雪ももうすぐでしょう。
歳を重ねるごとに冬が嫌いになっていきます。

「スノボシーズン到来!!」とか言って、喜んでいた頃が懐かしい。
今は寒さは染みるし、雪かきは辛い。灯油代もメチャ高いしいいこと無いっす。

はたして、寒がりのパピヨンは雪で遊ぶのだろうか。
タグ:雪虫 北海道
posted by HIKISHIO at 13:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

凄いね!googleマップ ストリートビュー

8月5日から開始されたらしい、googleの新サービス「ストリートビュー」って凄いですね。

サービスの詳細は、以下のリンク先をクリックしてみて下さい。


【アットマーク・アイティ】京都の桜も懐かしのあの街も グーグル、日本でもストリートビュー提供開始


記事中にもあるとおり、日本の12都市の中に、なぜか我が小樽が選ばれているんです。
googleさん、正直選択基準がよくわかりませんw
札幌を撮影したついでですか?
いや、やはり"観光地"であるということで選ばれたのでしょうね。
函館も入っているし。

そうだよね? ね? ね?


小樽の街巡りの楽しさは、観光名所だけではなく、路地を歩くということで生まれる「非日常的空間体験」、いつか来たことがあるかのように錯覚する「手頃なデジャブ体験」だと勝手に思っているのですが、さすがのgoogleさんもそこまでは対応していません。
ストリートビューは車に乗せたカメラで撮影したそうな。

試しに我が家の住所を、googleマップで検索すると・・・

キターーーーーー!
見慣れた我が家!
建築資材と長期ローンで出来た我が家ではないか!
俺のクルマ(残債無し)も写ってるよ。ナンバーは隠れていて良かったw
こんな住宅街の俺んちの前もgoogleのクルマが通ったんだね。
でもどうやったらこんなに回転させたり出来るのか?
不思議であります。

これは面白いですな。
でもプライバシーだとか、色々問題になるかも・・・。


世の中お盆です。
ふるさとが、札幌、小樽、函館、仙台、東京、埼玉、千葉、横浜、鎌倉、京都、大阪、神戸だけど帰省出来ない方。なんらかの理由で二度とふるさとの地を踏めない方・・・。
バーチャルではありますが、PCで里帰り気分はいかがでしょうか?


そうでない方は、「google ストリートビュー 面白」等で検索すると、色々面白いのが見られるようです。
夏休み、時間がたくさんある方はどうぞ。





posted by HIKISHIO at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

北海道洞爺湖サミット終了

今日は仕事が長引き、帰宅が遅くなってしまいました。

サミット関連のニュースが見たかった(結局何が決まったんだ?)のに、妻は色々ペチャクチャ喋ってます。

まさか、「うるせー!俺はニュースが見たいんだ!」と、言えるわけもなく、彼女の会話に付き合っていたら、サミットのことは何ひとつ頭に入らなかったです。わかったのは北海道日本ハムファイターズが、千葉ロッテに負けたことだけ(またかグリン!)・・・嗚呼、俺は聖徳太子になりたい。


この洞爺湖サミット、結局何が決まったのでしょうか?


「世界各国、立場変われば色々な主張があるってことが、一般の日本人にもわかった」ってことは、ある意味、俺たち北海道の田舎ものにしたら良かったのかもしれません。



今朝、出勤時に青森県警と、神奈川県警のパトカーを小樽市内で見ました。
遠くからわざわざご苦労様です。

昨日の夜、小樽港周辺では制服を着た警官が大勢いました。
中には大きなアクビをしている警官もいました。
本当にお疲れさまです。

貿易港である小樽港は、やっぱり警戒すべき対象だったんですね。
そんなのにお構いなく、南防波堤はイカ釣りの人たちでいっぱいだったのが笑えました。

日本は平和です。

平和ボケです。

でも、平和にボケていられる幸せって、ありがたいことだと思います。


サミットって、大騒ぎする割に短いんですね。
食糧危機を話し合うのに、北海道の食材をこれでもかってぐらい使った豪華な料理を囲むんですね。

で、大騒ぎしたこのサミット。
何決まったの?

答えは明日の朝刊で探します。

おやすみなさい。
節電、節電・・・。
posted by HIKISHIO at 23:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

前代未聞!9人のヒーローインタビュー

9_heros.jpg


4月8日の楽天戦は凄かったようですね。

2回に先発武田勝が大炎上するも、そのごファイターズ打線が爆発!
見事8−7で大逆転勝利!
武田勝も持ち直して、複雑な思いかもしれないけど白星が付きました。
全員野球の勝利です!これぞファイターズ!

仕事帰りが遅かったので、試合結果は報道ステーションで知ったのですが、なんとヒーローインタビューも前代未聞の9人だったそうです。
探したらYouTubeにありました。

【YouTube】9人のヒーローインタビュー




これぞファイターズ!
常識や前例に囚われないチームカラーは、やっぱり北海道向きです。

昨日の試合も、吉川も稲葉も調子を取り戻し、いよいよファイターズ、波に乗ってきましたね。

今後が楽しみです。
posted by HIKISHIO at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。