2011年05月04日

小樽相乗り市政との闘い 〜 金髪頭42歳の挑戦

ツイッターではちょっとだけつぶやいたけど、先日行われた統一地方選挙、小樽市議選において一部で話題になった候補がいました。

金髪頭で42歳。
マツダMPVの選挙カーにハコノリ。
選挙演説はラップ。


北海道の田舎町、小樽では前例が無い候補。
彼の名は、三ツ谷"328"しげ晴氏。

北海道でスノーボードをやっている人なら、たいがい知っている「No matter! BOARD」というTV番組に携わっていた方で、その世界ではかなりの有名人らしいです。
彼の公式ブログはコチラ↓

小樽ゴールド


選挙期間中、彼のステージは市内各所で開かれ、大きなインパクトを残したらしい。
しかし、結果は最下位落選(定数28に対し、32名立候補)


【小樽ジャーナル】現職安泰 新人4人落選 市議選28議席決まる


自分は仕事で、彼のショーを一度も見られず悔しい思いをしていたら、しっかりYouTubeにありました。



これを、ただの変わった泡沫候補と取るか、熱く真剣に小樽のことを考える候補だと取るかは、人それぞれ。
私は後者と感じました。違う候補に入れたけど(笑)


今回の小樽市長選は、経済界、労働組合、自民、公明、民主が相乗りで推薦する候補が勝ちました。市議選においても、落選した候補は相乗りに批判的な候補ばかり。
市民の選択は「変わらないこと」と言われても仕方ない結果でした。

しかし、今、相乗り市政が大きく揺れています。
全国ニュースでも取り上げられてしまった、市役所幹部のパー券売りさばき問題です。
詳しい、小樽ジャーナルの記事を貼っておきます。

【小樽ジャーナル】中松新市長の船出に暗雲!市役所内でパー券あっせん
【小樽ジャーナル】総務部長とOBを逮捕!中松後援会のパー券販売容疑
【小樽ジャーナル】裏からこそこそ初登庁 "中松丸"の前途は視界不良
【小樽ジャーナル】総務部長逮捕事件は拡大の様相 市役所にも家宅捜索

これは、長年続く相乗り馴れ合いオール与党体制の弊害としか言いようがない。
市役所の幹部、市役所の労組どころか、議会にもチェック体制が整っていない証拠。小樽に健全な民主主義などなかったことが露呈しました。
逮捕された総務部長は、選挙の責任者。知らなかったでは済まされない立場。
これはどこの発展途上国の話だべ?
右も左もズブズブの関係。


前出の328氏を色物で片付けるのは簡単。
しかし、俺には、オール与党体制を是とした多くの票より、彼に入った417票の方が、より健全で「熱い」と、感じられるのです。

ラベル:北海道 小樽 選挙
posted by HIKISHIO at 17:57| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

【AC】見方を変えよう【北海道限定?】

「ぽぽぽぽーん」と、「こだまでしょうか、いいえ、誰でも」ばかり、何度も繰り返されていたCMも、徐々に平常に戻りつつあります。

ACのCMも、有名人、芸能人の新バージョンが流れています。

おそらく北海道限定のCMだと思うんですが、北海道では、これも大量オンエアされています。



出演している女性は、高田秋さんという方だそうです。

これだけ、毎日見ていたらファンになっちゃいそうですね。
日本の復興ももちろんだけど、この際彼女も応援します!



他の地方でも、地方限定のACCMってあるのかな?

ラベル:AC 北海道 高田秋
posted by HIKISHIO at 22:22| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

北海道産ぽぽぽぽーん

東日本大震災以降、民放で大量に流されているACのCM。

民放の場合、以前放送していたCMが不謹慎な内容になる恐れがあるため、多くのスポンサーが放送を自粛します。
そこで流されるのが公共広告機構(AC)のCMですが、最後の「エーシー♪」という部分に「しつこい」「不愉快」とクレームが付き、その部分が自粛されました。

色々な感じ方があるので、しょうがない措置でしょう。
次にもしこのような事態があったら、最初から「エーシー♪」部分はカットですね。

大量オンエアされているCMの中に、「ぽぽぽぽーん♪」というのがあって、こちらは好評のようです。
実際は、こちらにも「不謹慎だ」とか「洗脳される」という方がいるようですがw

俺の家族は、この「あいさつの魔法」の「ぽぽぽぽーん♪」が大好きです。





俺の子どもが、一連の報道を見て発した言葉が「怖い」でした。
川のような津波が街を押し流し、車や建物が流れている映像、跡形もなく瓦礫の山になった街の映像は、恐怖そのものだったようです。
原発事故報道を見ている、親の緊張感も、子どもには敏感に伝わっていたようです。

そこで、空気を明るくしてくれたのが、この「あいさつの魔法」でした。
同じく癒された家庭もあるのではないでしょうか?

この「あいさつの魔法」の作曲者と、イラストレーターが北海道出身者と知り驚きました。

作曲者は札幌を中心に活躍するシンガーソングライター、嶋倉紗希さん。

◎嶋倉紗希オフィシャルサイト http://saki.ky-3.net/

ありがとウサギ、さよなライオンなどのキャラクターを書いているのが、倶知安出身のイラストレーターyukkyさん。

◎yukky web http://www.yukkyweb.com/

北海道、凄いじゃないですか。
ちなみに、印象的な歌声を聞かせてくれているのは、松本野々歩さんという方で、北海道出身者ではありません。


ネット上では、あっという間にブームになり、色々な「あいさつの魔法」が生まれているようです。

ポポポポーン! 動画まとめ MADになった「あいさつの魔法」たち


ちなみに、俺が好きなのは、コレ。ただの逆再生だけど。




幸い北海道は、太平洋側を除き、被害は少なくて済みました。
これから日本の食糧を支える重大な役割があります。
被災に合わなかった私たちは、精一杯、日本経済を動かす役割があります。

そのためには、笑顔が大切です。
何でも自粛すれば良いというものではありません。
一生懸命、飲み食いしないと、飲食店が潰れてしまいます。
目一杯、笑おうではありませんか。

そのためにも、毎日のあいさつは、とても大切ですね。

 
posted by HIKISHIO at 16:25| 北海道 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

キロロオープン延期

11月20日に予定されていた、赤井川村、キロロリゾートのスキー場オープンは、雪不足のため延期されました。

早めの降雪で、10月末にオープンした中山峠も、現在クローズしているようです。
道内で現在営業しているのは、人工雪のスノークルーズオーンズ(小樽市春香)だけです。

もっとも、俺は年末年始忙しいので、ウィンタースポーツモードになるのは、1月中旬からです。
それよりも今は、できる限り釣りに行きたい。
でも、海が荒れたり、悪天候だったり、予定が入っていたりでなかなか行けません。

自由に釣りに行ける頃には足腰弱っているんだろうなぁ・・・・・・・寂しすぎる!
posted by HIKISHIO at 21:09| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

【覚え書き】タイヤ交換2010冬

2010年晩秋における、夏タイヤ→冬タイヤへの交換は、11月4日でした。

毎年ほとんど自力で交換するのですが、忙しさと悪天候に負け、本日、お世話になっている整備工場にお願いしました。

金はかかるけど楽チン。
クセになりそう(ウフッ



でも、自分でやらないと冬を迎える気がしねーですなぁ。



もうさぁ!雪なんかさぁ、スキー場だけ降ればいいよ!


と、キレてみました。

posted by HIKISHIO at 23:37| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

【覚え書き】小樽初雪2010

2010年、初雪は10月26日でした。
なんまら寒いねぇ。

身体が慣れるまで辛抱だわ。


ラベル:北海道 小樽
posted by HIKISHIO at 10:10| 北海道 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

覚え書き(雪虫2010)

携帯から更新。


今年の初雪虫は、本日10月8日でした。
つい先日まで、暑い暑いと言っていたのに、もうすぐ初雪の便りが聞かれます。
寒い寒いと言い続けるでしょう。


一年、あっと言う間過ぎ。
ラベル:小樽 北海道 雪虫
posted by HIKISHIO at 18:10| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

「水色の詩」休館と、疲弊する小樽経済

記事タイトル大げさですけど、そんなたいした話ではございません。

先日、小樽の歓楽街、花園を歩いていたんです。夜じゃなくて昼間。
昼間の花園歩くなんて何年ぶりだろうと思いながら。
花銀商店街も寂しくなったけど、飲み屋さんも空き店舗が多い。
不景気と人口減。小樽の街はWパンチ。


花園にあるホテルの前を通りかかりました。

そのホテルは、「水色の詩」という名で、なんつーんですか、ファッション、ブティック・・・カップルが××するホテル。
つまり、ラブホテルなんでが、そこに貼り紙がしてあったんです。

mizuironouta2.jpg

4月で休館していたようです。
最近飲み歩いてないし、ましてそんなドキドキする関係なんて何十年も無いし、今まで知りませんでした。
話題にも上らなかったですね。

ラーメン屋なら、「店主、病気療養のためしばらくお休みいたします」とかあるけど、ラブホにそんな理由あるわけないやね。
利用者の減少だと思います。

歓楽街にあるホテルだと、「飲んだ勢い」「意気投合」「ナンパした(された)」等が、利用動機になろうかと思います。
しかし、休館ということは、小樽花園にはそのニーズがないと言うことになります。
不景気、少子高齢化、人口減の影響がこういうところにも現れます。

ラブホテルの存在の善し悪しはちょっと置いといて、マチのパワーの減少を感じ、ちょっとショックでした。
俺が中高生の頃、確か17〜18万人ぐらだった人口も、今や13万人を切るのも時間の問題となっています。


参考記事:【小樽ジャーナル】人口減り「過疎地域」になる小樽市 (2010/01/22)


サヨナラ「水色の詩」
数々の思い出は、それぞれの胸の中で永久に・・・不滅でしょう(笑)


misuironouta1.jpg


ラベル:小樽 花園
posted by HIKISHIO at 16:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

これは酷いぞ!小樽市議会!

9月も中程になり、ようやっと秋らしく過ごしやすい気候になりました。

寝苦しい日々も終わり、よく眠れるようになりました。

・・・・・・本当によく眠れる。



元記事【小樽ジャーナル】居眠り議員続出!緊張感欠く市議会の午後(2010/09/14)


・・・・・・・本当によく眠れるようで。

過去の記事にもこんなのありました。

【小樽ジャーナル】ボーナス懐に本会議場で"居眠り"棒読み質疑を子守唄に(2009/06/16)


上の記事は昨年6月。
北海道小樽の初夏は気持ちいいですからね。


いやぁ、本当に過ごしやすい季節になりました。

市長さんも、市議会議員のみなさんも、小樽市民が安心して眠れるように頑張ってくださいね。期待してませんが。
posted by HIKISHIO at 10:47| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

小樽で犬連れOK!スローなハンバーガー店「Majiru Blanc (マージルブラン)」

久々の更新は、小樽のグルメ情報です。


犬と生活するようになってから、外食の機会が減りました。
愛犬だけ留守番させるのはやっぱりカワイソウ・・・・・そう思ってしまう方も多いのでは?
我が家はそうです。
愛犬にはメチャクチャ甘いのです。
愛犬と外食といったら、小樽ではドッグカフェなんて聞いたこともありません。
わざわざ、札幌の犬OKな店や、千歳のアウトレットモールまで出掛けていました。
これじゃ、小樽にお金が落ちないぢゃないか!と、心配しておりました。(たった数千円ですがw)

色々と検索していたら、小樽に素晴らしいお店を発見!
ファストフードとは、全く逆ベクトルなハンバーガー店、「Majiru Blanc (マージルブラン)」です。

お店の外観です。

Majiru Blanc.jpg

ステキな感じがしませんか?
店内はパーカッションだらけで、100ステキぐらいですが、写真は撮っていません。あしからず。
店の前に設置された、屋外のテーブルで食事をしたので。

自分はテリヤキバーガー、妻はマージルバーガーをオーダー。
ハンバーガーが出てくるまで15分程度かかります。
オーダー受けてから、一から手作りなので、それぐらいはどうしてもかかってしまうそうです。
料理を待つ間、ゆっくりと自分の時間を大切に過ごすべきですね。
俺は昼間っから生ビールを頂きました。
ちなみに銘柄は「サッポロクラシック」です。昼間のクラシックなまら美味いっしょ!

これがテリヤキバーガー。

teriyaki!.jpg

この写真では下手くそでわかりませんが、結構なボリュームです。
ハンバーガーの他に、フライドポテトとピクルスが付きます。

コレがまたジューシ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
肉汁がタマラン!
パンもファストフードなんかに比べもんにならんのです。
肉汁その他でベチャベチャ感が少ないのです。
あんまり美味いので生ビールおかわりしちゃいました。

小樽では貴重な犬OKな店。
しかも、美味いときたらこれはもう常連になるしかないべさ。

※ペットは屋外のテーブルのみ。店内はNG。晴天時に利用可能なようです。

メニューと料理写真、店内写真は「食べログ」でご確認ください。
【食べログ】Majiru Blanc (マージルブラン)

なお、ここの店主の方が、小樽ジャーナルの「ベストマスター」として紹介されています。
【小樽ジャーナル】2010年9月のベストマスター

研究熱心で、前向きな印象を受けるマスターさんでした。

市民の方も、観光客の方も、是非ここのハンバーガーを一度味わってみてください。
住所等は、上記の食べログのリンクからご確認ください。
posted by HIKISHIO at 01:26| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

肉魂(にくだましい)サンミート木村の美味いホルモン

小樽にはホルモン(豚の腸)が美味しい焼肉屋が、結構あります。
「やしま」や「三四郎」のホルモンが大好きなんですが、あの身が薄いホルモン、はなかなか手に入らないんです。
肉屋で市販されているのは身が厚い直腸ばかりなんです。


先日、身が薄い美味しいホルモンを、お隣の札幌市手稲区で発見!


肉魂・サンミート木村です。
↑クリックするとお店のHPに飛びます。

nikudamasii_2.jpg


nikudamasii_1.jpg


肉魂(にくだましい)というネーミングもユニークですが、「のどチンコ」とか「ペラペラ系」という商品名も面白いです。
俺が好きなホルモンは「ペラペラ系」です。
珍しいカレー味のホルモンもあるのですが、カレーって意外に合うんですよ。
ちなみに「のどチンコ」の正体はお店のHPでご確認下さい。

このお店のお肉はホルモン以外のものも全て美味しいです。
臭みがなくて柔らかいんです。
この店を知ったのはこの冬なんで、ホットプレートでしか焼いたことはありませんが、きっと七輪で焼いたらもっと美味いんだろうなぁ。

春が待ち遠しい今日この頃であります。

[PR]【桃ラー】桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

[PR]【希少な北海道産ラム】道産ラムジンギスカン
posted by HIKISHIO at 12:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

玉光堂の楽器コーナー、小樽駅前店→ポスフール小樽店へ!

ポスフール小樽店4Fの玉光堂にギターやアンプが並んでいてビビッた!

どうやら、小樽駅前店から楽器部が移転したらしい。

小樽で楽器を囓った経験のある人は、玉光堂か、光栄堂のどちらかにお世話になったことがあるはず。

ポスフール小樽店4Fの玉光堂は、あるのか無いのかわからない、存在感の無いテナントだったけど、楽器部が移転してから確実に人の流れが変わりましたね。
オッサンがたむろするようになったっていうの?

俺も新しいギター欲しくなったもんね。
ポスフールのあの場で試奏するのは恥ずかしいけど・・・。

久々にデカイ音でギター鳴らしたくなりました。

ピアノを習ってる娘は、電子ピアノがたくさん並んでて嬉しいようでした。


しっかし、ギターを眺めている客って、俺を含めオッサンばかりで、中高生とか少ないなぁ・・・。



ラベル:玉光堂 小樽
posted by HIKISHIO at 23:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

キロロでスノボ

オリンピックでは、女子フィギュアSPが盛り上がっている最中、seesaaは空気の読めないメンテを続けていましたwww


日曜日にスノボをやってきました。子供とじゃなく、久々に仲間と一緒。
天気はいいし、雪も良くて最高でした!
場所はキロロです。
キロロはいつも吹雪いているor大雪なイメージなんですが、この日は気持ちよすぎる青い空。
この時季には珍しい天候。


kiroro_100221_1.jpg


この青空!
気持ちよく滑りました。


KIRORO_100221_2.JPG


途中から、パウダー喰い。
ヤバイぐらいの雪質!
パウダー最高!

ィヤッホローーーー!



KIRORO_100221_3.jpg


キロロってこんな楽しかったけ?
ちょっとだけやんちゃな滑り方をしましたが、これって何シーズンぶりかな?


スノボってこんなに全身の筋肉使ったっけ?
翌日から激しい筋肉痛に悩まされております。
日常の運動って大事ですよ。
本当に・・・


・・・あ、イタタタタタ。
posted by HIKISHIO at 23:31| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

小樽でダイヤモンドダスト?

今日の早朝、出勤前にダイヤモンドダストを観測!

・・・多分、あれはダイヤモンドダストでした。
−10℃以下でダイヤモンドダストは出来るらしいので条件はバッチリですもん。
出勤前で余裕が無く、写真は撮っておりません・・・・つか、携帯で撮れないっしょ。多分。


過去にキレイなダイヤモンドダストを、古平で見たことがあります。
今から15年以上前だったなー。

古平は海ばっかりのイメージだけど、山の地区もあってね。
そこでなんと、サンピラーまで見たんだから!
夢中になって写真撮った記憶あるなー。
今その写真探すの面倒だけどw

北海道って一括りにしたって広いからね。
道南、道央、道北、道東で気候違うもんね。
道央じゃこんなにシバレルの珍しいのさー。



帰宅途上、雪あかりの路会場付近を通過。

ボランティアの方々が、しっかり準備中でした。


yukiakari_100204.jpg




こんなにシバレル中、本当にお疲れさまです!

風邪引かないでくださいね。
posted by HIKISHIO at 23:21| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

小樽 最低-13.0℃・最高-10.1℃

今日はシバレましたね。
なまら寒くて鼻毛も凍ったべさ。

歩くと雪がキュッキュッって鳴るのを久々に聞いたような気がします。
小樽ジャーナルによると、最高気温ですら-10℃以下だったようです。
小樽・札幌方面では珍しいんだわ。


今日はせっかくの休日なので、今年の釣り初めと思っていましたが、こんな低気温なので諦め、温泉に入って参りました。

場所は「湯の花朝里殿」っす。
なまら気持ちよかった!

雪あかりの路に備え、露天風呂に雪像が作られていました。
風呂なので写真が撮れなくて残念です。
2月5日の雪あかり開幕に合わせてキャンドルを点灯するそうです。
興味のある方は夜間訪れると良いと思います。

「手宮殿」でもキャンドルを灯すかどうかは不明です。

いよいよ、市内あちこち雪あかりモードになってきましたね。
posted by HIKISHIO at 22:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ケータイカメラの夜景モード

このブログで使う写真って、ほとんどが携帯電話のカメラで撮ったものです。
写真の大きさは「壁紙」です。


今まで知らなかったんですが(恥ずかしながら)、「夜景」とか、「スポーツ」「人物」等、いろんなモードがあるんですね。

初めて「夜景モード」で試し撮り。ケータイの実力はいかほどか?


100129_otaruunga2.jpg

100129_otaruunga.jpg


やっぱり、夜景はブレますね。
三脚で長時間露出した写真には到底かないませんが、電話で撮ったと思えばまあまあかな。

そのうち三脚取り付け穴が付いたケータイも発表されるかもしれません。


されるわけないよね。やっぱり。


[PR]Apple iPod touch 第2世代 32GB MC008J/A 最新モデル
[PR]キンドルの衝撃
posted by HIKISHIO at 00:48| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

小樽雪あかりの路12〜雪夜心灯(ユキノヨルココロトモル)

今年も「小樽雪あかりの路」の開催が近づいてまいりました。
今年は2月5日からバレンタインデーの14日まで。
このイベントも今年で12回目。すっかり小樽市民に根付いたイベントになりました。

上のリンクをクリックすると公式ページに飛びます。
市内各地に沢山会場がありますが、会場によってはちょっとガッカリするかもしれません。
・・・そこだけを見るとね。

でもこのイベントは、小樽全体を見て感じていただきたいイベントなんですよね。普通の住宅街やあちこちで「雪あかりの路」してるんです。

もし、この文章を読んでいるアナタが小樽に訪れてくれるとしたら、その移動中の車両からの景色、なんでもない普通の家の玄関、名もない店先に、温かい「雪あかり」を見ることが出来ます。

その雪あかりは、市民やボランティア、そして観光客のみなさん、一人一人、誰でもつくることが出来ます。
一年で最もシバレるこの時季に、「人のつくる温かさ」を感じることが出来ますよ。


俺は残念ながら、過去に数度しかイベント会場に足を運んだり出来ていないんです。
仕事やなんやかんやで、良い時間過ぎちゃうんですよね・・・・・・。
明るい時間に行ってもつまらんですし・・・。

でも、昨年は家の玄関前に、雪玉でオブジェを作って、明かりを灯してみました。
オブジェを一度作ると、維持するの大変なんですよ。
大雪だと埋まってしまうし。

今年も出来ればちょっとしたオブジェを作ってみたいです。



観光客の方には、この機会にゆっくり小樽に滞在してもらいたいですね。
昼はスキー、スノボ。夜は雪あかりを見ながら一杯なんて最高ですね。
今年は「雪あかり喰いだおれ大会」なる催しもあるようですよ。



ブログでもっとこのイベントをPRしたいのに、いつも忘れてしまいます。
美しい写真の数々は、是非公式サイトでご覧下さい。


楽天トラベルに「雪あかりプラン」を発見!

市民の手で、着実に育っているイベントです。
posted by HIKISHIO at 23:50| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

約四半世紀ぶりのスキー

本日、約四半世紀ぶりにスキーをしました。

相棒は娘。場所はまたもや小樽天狗山スキー場

小学生の娘のお付き合いとはいえ、ちゃんと滑れるか不安でしたが、一度スキーを履いてスケーティングしたら、感覚が一気に戻りました!

リフトから降りて、エッジの効きと曲げる感覚を確認したら、四半世紀前に戻りましたよ。
イケイケGOGO!です。


世のブランク長いスキーヤーの皆さん!
心配ご無用です。
最近のスキーはよく曲がります。楽チンですわ!
俺はスノボもしますが、使う筋肉考えたらスキーの方が負担少ないと思います。

久々のスキーはとにかく楽しい!
飛ばしたい気持ちを、「娘のお付き合い」と自分に言い聞かせてボーゲンに努めます。
が、先日より娘が格段に上達しています。
先日まで、「パパ先に滑って・・・後から滑るから」と、言っていた娘が、自分で勝手に滑って行きます。
これは嬉しかったですね。
海と山に囲まれた環境に育つ小樽っ子は、やっぱスキーと水泳は出来た方がいいですからね。



今日の天狗山から見る小樽市街地と港。

100113_1035~0002.jpg

100113_0957~0002.jpg


冬は上質の雪。
夏は美しい海。
美味しい魚。
美味い酒。


小樽はなまら良いところだわ。


[PR]スキーを買うなら小樽「うめやスポーツ」

[PR]こだわり続けて30年!確かなギターを買うなら小樽光栄堂!

[PR]なまらジンギスカン食いたい・・・
posted by HIKISHIO at 23:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

久々の更新、久々のスノボ、久々のスキー。

年末年始、仕事ハードでした。
体重も2kgほど落ちました。これはこれで嬉しいですけど・・・。

そんなこんなで、仕事が落ち着いても気力がなく、このブログ放置状態でした。
遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。


久々の休日だった先日、今シーズンからスキーを始めた娘に付き合って、スノーボードを滑って来ました。

場所は、近所の小樽天狗山スキー場です。

tenguyama_2010.jpg

ここは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星 を獲得した、小樽のシンボル的な山です。

スノボは多分2006年以来。ちゃんと滑れるか不安でしたが、体は覚えているものですね。
それよりも、娘のスキーの超スローボーゲンに合わせなければならず、スノボだと足の筋肉が辛かった・・・。
娘には「スピード速い」とクレームが付くし・・・。

後日、娘の上達のためにも俺もスキーで滑った方が良いだろうと、安いセットスキーを衝動買いしてしまいました。
スキーをやるのって約四半世紀ぶり!
身長より高いスキーで、金具はカンダハー、靴はゴム製の時代を知っている者としては、こうやって娘とスキーができる日が来るなんてと、感慨深いものがあります。
次に娘と滑るのが楽しみ!

俺も初めて行ったスキー場が天狗山だったなぁ。
子供の頃はスキー場よりも近所の裏山メインで、そのまま道路を滑って家まで帰ったものでした。
今やったら確実に怒られます(笑)

[PR]スキーを買うなら小樽「うめやスポーツ」

[PR]こだわり続けて30年!確かなギターを買うなら小樽光栄堂!

[PR]なまらジンギスカン食いたい・・・
posted by HIKISHIO at 17:01| ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

北海道・小樽の人口減はどこまで・・・

今朝の道新一面にこんな記事がありました。


35年道内人口 苫小牧4位、江別7位 札幌圏に集中加速


これによると、小樽市の人口は、2035年には現在(13.5万人)の6割強、約8.4万人と予想されています。
市の人口のピークは1964(昭和39)年の207,093人だそうで、半分以下です。寂しい限りというか、将来不安になってきます。

2035年、順調にいけば俺は「老後」の生活を送っているはずですが、年金不安もあり、まだ働いている可能性もあります。つーか市内に働き口あるんかいな。

8万人程度の人口で、今ある商業施設の維持は難しいでしょうね。
市中心部の空洞化、郊外の限界集落化、独居老人対策、除雪費は捻出できるか、市の宝である古い建物群は維持できるのかなど、暗い想像ばかりしてしまいます。
市立病院だって、この人口規模を想定して計画しないと悲惨なことになるかもしれません。

道新の記事では「札幌圏に集中加速」とありますが、小樽は札幌圏にありながら、その恩恵を受けていません。
ベッドタウンは江別、空の玄関は千歳、海の玄関も苫小牧。
観光面だって、ウィングベイはアウトレットモールとしての魅力はほぼゼロ。小樽市民も高速に乗って千歳のレラに行く人多数。

残念ながら、俺も文句や不安を言うだけで、具体的な打開策を提案できる市民ではありません。

ただ、小樽には他にはない魅力があるのは確かです。

美しい海や山、自然を活かし、札幌から快速で30分、高速直結という地の利をアピールし積極的に移住を受け入れる。漁業・農業を志す市内外の方を支援するなど、身の丈にあった小さな都市を目指すべきなのかな・・・でも、そんなことはもうやってるよなぁ。

そんなことを早朝から考えましたが、解決策など俺の頭で浮かばないのでした。

[PR]楽天ランキングほっけ部門1位 小樽小町商店

[PR]おたる政寿司70年の伝統息づく醤油漬けいくら

[PR]☆小樽ワイン新酒・初しぼり3本セット
posted by HIKISHIO at 08:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。