2011年11月19日

エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド札幌公演

※セットリストあり。ネタバレ注意

地下鉄豊平公園駅で下車すると、きたえーるまでの地下通路は、オッサンたちの長い列。
平日夜という時間から、帰宅ラッシュにも見えなくもない。
しかし、このオッサンたち(自分も含む)は、帰宅するのではなく、ショウを見に行くのでした。
そうです。クラプトンとウィンウッドのLIVEが11月17日に行われました。
この組み合わせ、あの「Blind Faith」の再来です!


ウエスなどとは違い、比較的ゆるいUDOの手荷物チェックで会場入りして、座席を確認。
きたえーるの座席表は以下のとおり。

NCM_0514.JPG

自分の席はこの辺りでした。

NCM_0516.JPG

写真ボケていますがPA席です。

NCM_0517.JPG

グッズ売り場は長蛇の列。今回のTシャツ、個人的にはデザイン良かったと思う。

NCM_0518.JPG

パンフ2500円には、マグカップが付いてきます。どっちがメインなんだか・・・。

会場には、ポマードやヘアトニックなどのオッサン臭が充満。
開始前、興奮気味のガイジンさんが何か叫んでいましたが、ここは札幌、しかも加齢な客層。反応は静かでした。

さて、仲良さげに出てきた、エリックとスティーヴ。
定刻を10分ほど遅れてスタートです。
いきなりブラインド・フェイスの「Had to Cry Today」でスタート。
一斉に立ち上がるアリーナ観客・・・でもなく、半分ぐらいでした。
後ろのオッサンが腕組みしながらふんぞり返って、「立ったら見えんがな」的なことを言ってたけど、嫌ならスタンドで見ればいいのにと思ったり・・・。

4曲目にはもう「Presence of the Lord」
クラプトン、「あのギターソロ」も披露。素晴らしい!

ステージが進むにつれ、スティーヴの魅力に堕ちていく自分に気がつく。
声も歌も、ギターも、オルガンも素晴らしい。ECが惚れ込むだけある。
それほど好んでいなかったアーティストだったけど、すっかりファンになってしまった。

「Driftin'」から4曲ほどアコースティックセット。
名曲「Can't Find My Way Home」もシッカリやってくれました。
今回のツアーは「黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents」なのですが、
マーチンよりストラトを弾きまくっていましたw

弾きまくるクラプトンを堪能できるといえば、「Voodoo Chile」
これはもう圧巻!!
66歳でこんなにアグレッシブだなんて、凄いよエリックさん!

本編ラストの「Cocaine」では総立ち!
アンコールが終わっても、歓声と拍手はしばらくやまなかったほど。
ふんぞり返って座ってたオッサンも立ち上がって叫んておりましたよ。

今回は、クラプトンwithウィンウッドではなく、クラプトン&ウィンウッド。
ECがバックに回ってギターに専念することが多く、そのぶんいつもよりギターが楽しめます。
いやー、エリック・クラプトンはやっぱり凄いギタリストだった!

クラプトンのゴキゲンもよろしかったようで、ウィンウッドに語りかけるように「LAYLA」のイントロを弾いたり、「サンキュードモアリガット」のトーンも高かったように感じました。

正直、今回のLIVE、あまり気乗りしなかったんだけど、行って良かった!
ストーンズ札幌ドーム、前回のEC札幌ドームも素晴らしかったけど、今回もまた「札幌の奇跡」でした。

NCM_0520.JPGセットリストはこちら
posted by HIKISHIO at 14:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

善良な市民

今日、車で移動中、FMおたるから、忌野清志郎さんの「善良な市民」が流れてきた。
この曲の発表は確か1993年。
もうだいぶ経つけど、歌詞を注意して聞いていると、現在にも相通じるところがある。

歌詞の一つ一つに「ああ、あの頃確か、自衛隊海外派兵で揉めてたなぁ」だとか、
「この頃、政治とカネで騒がれていたのは誰だっけ」とか考えた。
まあ、ハッキリ言えることは、今も昔も政治家たちは変わっていないし、それを選ぶ我々も変わっていないってことだ。



「善良な市民」の歌詞は、コチラで読めます。

この頃、ビール会社は新銘柄を発売し、Jリーグは発足したばかりで一大ブームだった。
当時も今も、小遣いを切り詰めて、ささやかな喜びを求める庶民生活は一緒。

しかしながら、ただの「善良市民」では、「弾にあたって死んじまうだけ」なのだ。
放射能の雨を浴び、汚染された食い物を子どもたちに与え、祖先から受け継いだ美しい土地・自然を電力会社に奪われるのだ。

「市民」が正しい政治家を選び、子孫のために正しい選択ができるよう、真の「善良な市民」でありたいと思うのだった。

※本日、泊原発を抱える北海道4区選出の鉢呂吉雄氏が経済産業相に決定。北海道4区は、俺の居住地の選挙区でもあります。しっかりと注視していきたいと思います。


MUSIC from POWER HOUSE
忌野清志郎&2・3’S
B000CBO148
ラベル:忌野清志郎
posted by HIKISHIO at 16:23| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

「ORANGE RANGE LIVE TOUR 010-011 〜orcd〜」小樽公演

ファンでもないし、曲もほとんど知らないのに、オレンジレンジの「ORANGE RANGE LIVE TOUR 010-011 〜orcd〜」小樽市民会館公演に行ってまいりました。

まさか、行くとは思わなかった、オレンジレンジのLIVE。
人生って何があるかわからないですね。

相変わらず小樽市民会館は味わいのあるホールでした。

otarushiminhall.JPG


客入りはPA席が置かれている辺りまで。
全体の7〜8割り程度でしょうか。

ステージセットには中央のこんなロゴ。
orlogo.jpg

これを見ながら、「PROXのロゴみたいだ」なんて考えてました。
PROXとは釣具メーカーです。【こちらを参照】

それにしても客層が若い女性だらけ!

ライブが始まると予想外の爆音!
骨太の演奏とド派手な光の演出。
メンバーと客席の一体感は凄いものがありました。
こんなに観客が跳ねまくってる小樽市民会館初めてみましたw

途中のMCでは、沖縄米軍基地についても語っていました。
沖縄出身の彼らが語り歌うことで、若い子たちがこの難しい問題を考えるキッカケになればいいなと、このオッサンはおもいながら聞いておりました。

途中、リーダーの演奏が止まり、プロがグダグダになるという珍しいものも見られました。
アンコール含め、2時間半。
メンバーも曲も知らなかったけど、飽きずに見ることが出来ました。
やっぱ生はいいねー。

北海道のコンサートは、大半がウエスでしたが、最近はMount Aliveのが増えています。
Mount Aliveは小樽市民会館使ってくれるのでありがたいです。(家にすぐ帰れる)




ラベル:ORANGE RANGE 小樽
posted by HIKISHIO at 13:01| 北海道 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

なんてフワフワなんだJAPAN

テレビ東京系列で放送され(北海道はTVh)、子どもたちと、その親たちに大人気の「ピラメキーノ」

はんにゃ、フルーツポンチといった、お笑いコンビのキャスティングも成功の一因ですが、音楽面もなかなか。

大ヒット(?)した、「ピラメキ体操」「onaraはずかしくないよ」に引き続き、今は春から「なんてフワフワなんだJAPAN」が放映されてます。


「なんてフワフワなんだJAPAN」





歌詞の世界と子供版組にはもったいないぐらいに完成された曲とアレンジは、小林克也さんのナンバーワンバンドや、「スネークマンショー」を思い出させてくれます。


例えば「ピザトースト」
「ピザ」なのか「トースト」なのか。

そんな日本のフワフワした感じを歌うこの曲が大好きです。


引用したYoutubeは静止画ですが、ゆるキャラとのダンスから見たい方はTV東京系列の同番組をご覧下さい。



【追加情報】
DVD付きのマキシシングルが発売されるそうです。ダンスも収録予定。
↓ ↓ ↓ ↓

Punchしたっていいんだよ/なんてフワフワなんだJAPAN
Punchしたっていいんだよ/なんてフワフワなんだJAPAN
posted by HIKISHIO at 23:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

J-POP一の名曲を選ぶとしたら

今の気分は、誠さんの「横浜」かな。

曲の構成、歌詞、ギターソロ、どれをとってもキレイで熱いですね。


俺の友人に聴かせたら、「クサすぎる。韓国ドラマみたい」と言っていましたがw

ときに、必要な時は、男はクサすぎるほどに女性を愛し、口説くもんですよ!


ラブソングは永遠に、生きている限り万人の人生に届くはずです。







Careless Memories
斎藤誠

Careless Memories
アンティノスレコード 2002-02-20
売り上げランキング : 296219

おすすめ平均 star
star最高です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by HIKISHIO at 03:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

"Superfly Box Emotions Tour 2009"札幌市民ホール!!

【ネタバレ注意報発令中】まだツアー中ですので自己責任で読んでください


開演予定時間をちょっとだけ遅れて始まったショーは、ニューアルバムのジャケットを模した幕に、大写しされた志帆ちゃんの影で始まりました。
この演出かっこいいですね。
ステージ衣装はPVでお馴染みの衣装かな?
去年のヒッピーファッションとは違い、垢抜けた感じがします。
そしてこれから衣装同様、昨年とはまた違う、成長したプロのステージが展開されました。

ステージのセット、照明、演出も昨年よりグレードアップされています。
彼女の成長と同様、ツアーの本数も増えました。予算もきっと増えたことでしょう。
会場も前回の小樽市民会館(約1200名)から、札幌市民ホール(約1500名)2DAYSに格上げされました。


今回のツアーは、タイトルどおりニューアルバムの曲中心なんですけど、彼女のステージでのパフォーマンスはアルバムを超えていました。
CD音源以上に人をシビレさせるパフォーマンスをする人って、少ないですよね。彼女は圧倒的にライブの方がいいです。

実はこのコンサート、俺の娘にとって、人生初ロックコンサートだったわけです。

Superflynのライブでは、年代別コール&レスポンスがありますが、「チビッコ〜!」に対して、娘は照れちゃって声を出せなかったようです。

我が娘にロックコンサートの感想を聞いてみました。
「いっぱい歌えて楽しかった黒ハートと、答えていました。
ホールはお前のカラオケボックスじゃねーぞぉ。

娘は「パパ、ライブは音大きいって言ってたけど普通だったよ」とも言ってました。
確かに音圧は感じられませんでした。
ひとつひとつの音は非常にクリアだったのですが、フラットな感じで、せっかくのロック魂溢れる演奏なのに残念。
これ札幌市民ホールの仕様なのかどうかわかりませんが、ロックはもっと音がデカくても文句言いませんって!

スケールアップといえば、Superflyの武道館公演が決定しているそうで・・・。

091030_2114~0001.jpg


もうすでに一般の方はチケットゲット難しいかと思いますが、情報貼っときます。

12.14(月)
場所:日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00
前売りチケット料金 ¥5,800(全席指定・税込)
※未就学児入場不可・12歳以下は保護者同伴の上、チケットが必要となります。

一般発売日:11/15(日)
(問)H.I.P 03-3475-9999




だそうですよ。

ちなみに今回のセットリストは
ラベル:越智志帆 Superfly
posted by HIKISHIO at 23:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

Train Kept A Rollin'

チッキショー!

日本シリーズ、初戦落としちゃったね。
悔しいけど、巨人って勝てない相手じゃないね。明日からまた前向きに闘えば大丈夫!


・・・今日は、日本シリーズじゃなくて、Superflyのライブを観て来ました!
日本シリーズはライブ終了後に携帯ワンセグ観戦。

志帆ちゃん最高!

楽しかったぜい!
素晴らしく盛り上がったライブでした。

これでファイターズが勝ってくれたら最高だったんだけどねー。




ファイターズのモヤモヤ感をロックで吹っ飛ばそうぜい!

テキトーにYoutube貼っておきます。


二戦目は勝つ!



※Superflyのライブレポは後日公開予定・・・かな。



















Dancing On The Fire(初回限定盤)
Dancing On The Fire(初回限定盤)

Box Emotions
Box Emotions
posted by HIKISHIO at 00:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

あふれる熱い涙




RC最後のアルバム「Baby a Go Go」より「あふれる熱い涙」




RC最後のアルバムは1990年発表。



このアルバム、当時好きだった女の子にプレゼントしたことがあったっけなぁ・・・・。

もうRCの新作は聞けない。

そう思うと寂しいです。
posted by HIKISHIO at 01:13| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

Oh! RADIO

先日、北海道新聞の朝刊で、若者のラジオ離れという特集を読みました。
近頃の若い衆はラジオを聴かないそうですね。
ラジオというメディアは、もう若者に発信するものではなくなっているようです。


俺が多感だった頃はラジオに噛り付いていたっけ。
スイッチを入れれば、RCサクセションの「トランジスタラジオ」の歌詞みたいに、「聞いたこともないヒット曲」が次々流れてきて、良い曲も悪い曲も、好きな曲も嫌いな曲も沢山聴けました。
大好きなアーティストのトークやメッセージも聴けました。
大好きなアーティストが「この曲大好き」と言ってかけた曲をどこがいいのか研究したりもしました。
大好きなアーティストが大好きなアーティストの、これまた大好きなアーティストの曲まで聴くようになったり、ラジオのおかげで色々勉強になりました。

これだけインターネットやケータイが普及すれば、好きなものを好きなときに簡単にチョイスすることが出来るので、わざわざ次に何が出てくるかわからないラジオなんて聴かないのかもしれませんね。

でも、次に何が出てくるかわからないのがラジオの良いところなんですけどね。
ドライブ中に突然ゴキゲンな曲が流れてきて、大声で歌いながらアクセル踏み込んだら背後にパトカーが・・・・・・・・とか、ラジオの醍醐味だと思うんだけどね。

リクエストして、それがかかるかかからないかのハラハラ感もラジオのいいとこだよなぁ〜。

メシだっていつもバイキングじゃぁつまんないよ。たまにシェフ(DJ)にお任せもいいんじゃない?




キヨシローの遺作も「Oh! RADIO」という曲でした。




youtubeが埋め込み無効なのでニコニコ動画を貼りました。
とってもいい曲ですよね。

繋がっているのは、星屑の空だけじゃなくて
僕らの心 そう、いつもどこかでひとつさ


ラジオの魅力を伝える凄い歌詞だと思います。


Oh! RADIO
忌野清志郎

Oh! RADIO
忌野清志郎1951-2009 本人vol.10 十年ゴム消し (河出文庫) 忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック 忌野旅日記 (新潮文庫)
by G-Tools



posted by HIKISHIO at 00:22| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

今さらながら「IKZO」を知る

マイケル・ジャクソンが亡くなってしまい、彼が凄かった頃の動画をyoutubeで見ていたら、こんな動画にたどり着いてしまいました。


マイケル・ジャクソン 吉幾三 スリラー IKUZO ikzo Michael Jackson Thriller




続きを読む
posted by HIKISHIO at 22:40| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

愛と平和とロックンロール

俺は戦争絶対反対です。

俺の思想は右でも左でもありません。
ただの「平和な日本を愛する一般人」です。

権力は時に暴走し、過ち起こす可能性があります。
日本に住んでいたら、お隣り北朝鮮を正常だと思っている人などいないでしょう。
あれがその見本です。
主権在民という恵まれた環境にある日本国民は、政府をチェックする役目と自由があります。

過去に多くのロッカーたちが「愛と平和」を歌い、俺たちを魅了してきました。
その歌は国籍や言語を超えて心に届きました。
音楽は民族や文化の違いを埋めるのに有効な手段です。

しかし、その音楽が腐敗した権力側に利用されてきたことも事実でしょう。

俺は、時の権力に利用されてヘラヘラ喜んでいるような奴はロックミュージシャンだとは思いません。
アルファベット一文字+国名のバンドが、ライオンヘアーの元首相に利用されているのを見て「あんなのロックじゃない」と、思いました。
俺がロックミュージシャンなら、自民でも民主でも与党側には使わせないね。



しばらくこのブログ、更新が滞っておりましたが、仕事で疲れていたのと、NHKで放送された追悼特集やYouTubeで、キヨシローの演奏をいっぱい見ていたためです。


忌野清志郎 IMAGINE




名演奏だと思います。
アコギにファズをかけ歌う姿は魂がこもっています。

キヨシローは間違いなく愛すべき本物のロッカーです。






posted by HIKISHIO at 11:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

青山ロックンロールショー

「忌野清志郎青山ロックンロールショー」が、本日5月9日に行われました。

キヨシローさんのことは忘れるわけないんだけど、今日、弔辞を読んだ方々の言葉は忘れそうなので、自分のブログにコピペしておきます。
ニュースサイトはすぐ消えちゃうから。


引用元記事はこちらです



【竹中直人氏】

清志郎さん、清志郎さん、清志郎さん。きょうは本当にありがとうございますとだけ言うつもりだったのに、弔辞をお願いと言われ、むちゃくちゃプレッシャーです。以前もらった指輪をしてきました。

ボス、キング、ゴッド。いろんな呼び方が清志郎さんにはあったけど、僕にとってはやっぱり清志郎さんです。お通夜の日、清志郎さんの寝顔をみたけど、別人じゃないかって思ってしまいました。でもとってもきれいな顔でした。とってもきれいな手でした。でもね、清志郎さん、僕たちはまだ信じられない思いでいっぱいです。忌野清志郎が死んじまった。何度も言葉でつぶやいても心の中で思っても、受け入れることはできません。でも本当なんですよね、清志郎さん。大好きな清志郎さん。みんなみんな清志郎さんのことが大好きです。清志郎さんのことが嫌いな人なんて、誰一人としていない。

僕が中学3年のときに深夜のラジオから独特の歌が流れてきて、なんて独特の声の持ち主なんだ。それが僕にとって清志郎さんとの最初の出会いでした。それからずっと、清志郎さんの音楽は、RCサクセションの音楽は、僕のそばにいました。

僕はみんなに自慢したいです。オレは忌野清志郎と友だちなんだぜと。世界中の人に自慢したいです。ずっと自慢してていいですよね、清志郎さん。

僕は清志郎さんに何もしていない。いつも自分のことばかりで。清志郎さんの髪が抗ガン剤で抜け落ちて、また生えてきたとき、清志郎さんは僕に言ってくれましたよね。「竹中には絶対勧められないんだけど、抗ガン剤って、髪が全部抜けちゃうんだけど、そのあとに生えてくる髪が、剛毛なんだぜって」。

清志郎さん。清志郎さんの残してくれた言葉、声、歌は、ずっとずっとぼくの中に生きています。忌野清志郎は死んでない。ずっとずっと僕たちの中に生きています。ものすごく、ものすごく寂しいけど、僕たちはそう確信しています。

清志郎さん。僕の母は僕が高校3年生の時に亡くなりました。3年前、母の三十三回忌の時、母のお墓のあるお寺の住職さんがこんなことをぼくに伝えてくれました。「直人君のお母さんは33年間、ずっと直人くんのそばにいて、直人君を見守っていたんだよ。33年たって、お母さんはやっと直人君を離れて、月に帰っていったんだ」。

だから、清志郎さんはこれから33年間、ずっと僕たちのそばにいてくれるんだと思いました。そして、月に帰っていくんですよね。清志郎さん、これから33年間、僕たちを見守っていてくださいね。

見てほしくないときは、「しょうがないなあ」って見て見ぬふりをしてください。でもここだっていうときは、僕たちに、岩をも砕くエネルギーと勇気を与えてください。

清志郎さん、僕たちは清志郎さんが大好きです。ずっと!

清志郎さーん、(左手を大きく振りながら)またね!




【大竹しのぶ氏】

清志郎さん、今日晴れたよ。沢山の人たちが朝早くから並んで待っています。あの武道館の日みたいに。

去年の2月、本当にたくさんの人たちがあなたの復活を喜び、夢はかなうものと教えてもらいました。そして7月、あなたの病気の再発が分かった夜、私は空を見ながら、どうぞ1日も早く病気が治りますように、ガンなんてどっかに行ってしまいますようにとお祈りしました。その時、ああ、こうして、沢山のファンの人がこうして私と同じように清志郎さんにすごいパワーを送っているんだなということを感じました。清志郎頑張れ、清志郎絶対戻ってこいって、あなたが言った、夢を忘れずにという言葉と一緒に。だから絶対に治ると信じることができました。そのことをあなたに言ったら、あなたの返信は「LOVE、LOVE、LOVE」でしたね。みんなの愛に応えて、ちゃんと元気になるから、全然大丈夫だよ、待っててねという力強いものでした。

そしてこの5月、あなたにもう二度と会えないと分かったとき、沢山の人が大きな、とてつもなく大きな悲しみに包まれました。でもそれと同時に、あなたの歌に、言葉に、音楽に、再び命が注ぎ込まれて、私たちの心にずっと生き続けることを確認できた夜になりました。

あなたを大好きな音楽の仲間たちの手によって、あなたがずっと言っていた、愛と平和の日が1日も早くくるようにリードしていってください。

昨日、私の友人の(中村)勘三郎さんとあなたの話をしました。彼は「僕はあの人に会わなくてよかったと思う」と言っていました。「会っていたら悲しくて生きられないから。そのぐらいきっとすてきな人だから」と言ってました。本当にその通りです。私なんかより、もっともっと身近にいた人、私なんかよりもっともっと、あなたを愛していた人の悲しみを思うと、言葉もありませんが、でもやっぱり私は、あなたに会えてよかったです。あなたのファンになって本当によかったと思っています。

時々空の上から「愛しあってるかーい」って問いかけてください。「OK、ベイビー。最高だぜ」って答えられるよう、あなたのように強く、優しく、明るく、楽しく生きていきます。

清志郎さん、本当にお疲れさまでした。そして本当にありがとう。




【甲本ヒロト氏】

あなたとの思い出に、ろくなものはございません。突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり。なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。レコーディングの作業中にトンチンカンなアドバイスばっかり連発するもんで、レコーディングが滞り、その度にわれわれは聞こえないふりをするので必死でした。

でも今思えば、全部冗談だったんだよな。うーん。今日も「清志郎どんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のまま寝転がってたよ」っていうもんだから、「そうか、じゃあおれも革ジャン着ていくか」って来たら、なんか、浮いてるし。(笑い)

清志郎のまねをすれば、浮くのは当然。でもあなたは、ステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな。

一番最近会ったのは、去年の11月。それは、ザ・フーの来日公演で。その時、あなたは客席の人でした。そんな一観客としての観客同士の共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出されて、それは、業界のコネをフルに生かした、戦利品とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントの使用するギターのピックでした。

ちっともあなたは観客席の1人じゃなかった。ぼくがあまりにもうらやましそうにしているので、2枚あったそのうちの一つを僕にくれました。これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。これはもう、返さなくていいね。ありがとう。一生忘れないよ。

数々の冗談、ありがとう。いまいち笑えなかったけど。今日もそうだよ、ひどいよ、この冗談は。うん…。なるべく笑うよ。

そんでね、ありがとうを言いにきました。清志郎、ありがとう。それから後ろ向きになっちゃってるけど、清志郎を支えてくれたスタッフの皆さん、家族の皆さん、親族の皆さん、友人の皆さん、最高のロックンロールを支えてくれた皆さん。どうもありがとう。

で、あと一つ残るのは、今日もたくさん外で待っているあなたのファンです。彼らに、ありがとうは僕は言いません。僕もその1人だからです。それはあなたが言ってください。どうもありがとう。






今日は最高のロックショーが青山で見られたんだね。
行けなくて残念だぜ!

俺は泣かないから!



黒ハート手(チョキ)





posted by HIKISHIO at 21:58| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

清志郎!!!!!!!!!!

【yahoo!】<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け



まさか。
目を疑いました。

嘘みたい。
信じられません。




合掌・・・

・・・しなきゃダメ?

嘘だろ?
信じたくねぇ!
posted by HIKISHIO at 23:26| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ユニコーン北海道厚生年金会館LIVE!

【ネタバレ注意報発令中!】

ユニコーンがいつの間にか再結成し、いつの間にか全国ツアーしていました。
なぜか、厚生年金会館の初日ライブに、俺が行くことになりました。

俺とユニコーンがらみと言えば、ユニコーン解散以降、初めての奥田民生氏ソロライブツアーを、この厚生年金会館に観に行ったと思います。
16年前の当時は、民生氏も若く、客は若いねーちゃんばかりで、「キャー、キャー、キャー、キャー」アイドル歌手のコンサートみたいでしたよ。

続きはネタバレ覚悟で・・・
posted by HIKISHIO at 10:56| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

斎藤誠「ツアー・ザ・ネブラスカ“25”」チケットGET!

makoto25_sapporo_ticket.jpg


いよいよ今週、3月20日(金)、21日(土)は、斎藤誠さんの北海道ライブ!
金曜は旭川、土曜は札幌です。

↓↓参考↓↓
【斎藤誠オフィシャル】ツアー・ザ・ネブラスカ“25”


本日、やっとローソンでチケットGETしました(ノンビリし過ぎ?)。

実は俺、今日はロッピー前で焦るオッサンでした(汗)
「サイトウマコト」で検索しても、札幌公演だけ出てこないんです。旭川は表示されるのに・・・。
もしやSOLD OUT ? まさかね・・・(誠さんスイマセン!)
ケータイで調べても「発売中」になってるしなぜ?
とりあえずLコードで検索すると、めでたく2公演表示されました。

え? 2公演?

そう、札幌と旭川は同じLコードだったんです。
だから「サイトウマコト」で検索しても21日分が表示されなかったのかもしれません。
これから札幌分のチケットをロッピーで取る方は、Lコードで検索することをおススメいたします。

ローソンチケット「Lコード:16965」ですよ!


ちなみにぴあでも取れます。チケットぴあ「Pコード:316-947」


あらためて、会場その他、誠さんのHPよりコピペ

3月20日(金/祝)旭川 アーリータイムズ(旭川市2条3丁目左1)
16:30開場 17:00開演
前売4,000(全自由/入場整理番号付/オーダー別途)
2月7日(土)より、チケットぴあ「Pコード:316-947」、チケットぴあ店頭
ローソンチケット「Lコード:16965」
アーリータイムズ店頭
問合せ:WESS  011-614-9999


3月21日(土)札幌 SOUND CRUE(札幌市中央区大通東2丁目15-1-2)
17:30開場 18:00開演
前売4,000(全自由/入場整理番号付/オーダー別途)
2月7日(土)より、チケットぴあ「Pコード:316-947」、チケットぴあ店頭
ローソンチケット「Lコード:16965」
サウンドクルー店頭
問合せ:WESS  011-614-9999



多くのお客さんの笑顔で、誠さんをお迎えしましょう!
誠さんのことよく知らないけど、なんとなく興味がある方はチケット買った方がいいですよ!
マーティン一本、マイクで拾う。
そんな弾き語りに酔いしれましょう!


posted by HIKISHIO at 23:21| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

忘れるなよ!俺。

最近、食い物ネタばかりでしたが、今回は自分のためのメモですw

まず、3月1日、TBSチャンネル「Superfly アンコールツアー2008 Rock’N’Roll Show Vol.II」を録り忘れるな!
21時から23時だぞ!

そして3月7日には、フジテレビ721で「めざましテレビ」の15周年記念ライブがある。18時から21時ね。
斎藤和義とsuperfly以外興味なしだけど、録画しておけ。俺。

メインイベントはwowowのクラプトン!
独占放送!エリック・クラプトン ジャパンツアー2009
3月15日の18時から20時だ。
ジェフ・ベックとのさいたま公演じゃないけど、やっぱ観なきゃね。
wowow加入しなおせ!俺!




以上、忘れんなよ!俺。
posted by HIKISHIO at 00:05| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ゴロワーズを吸ったことがあるかい?

あなたはフランスタバコのゴロワーズを吸ったことがありますか?
俺はありません。
禁煙して6年ぐらいになるし。
昔はマルボロオンリーでした。

でも久々に吸いたくなっちゃいました。
これ聞いてね。



かまやつさんってカッコイイんだね。最高だよムッシュ!
今まで知らなくてゴメン。
やっぱりこの世代は舐めちゃいけないね。

同じくニコニコでライブバージョン。



ワウギターがカッコイイですね。
女性が演奏しているのもカッコイイ!

タバコが吸いたくなって、というかゴロワーズを吸ってみたくて、輸入タバコが多い店で「♪ゴロワーズというタバコを売ったことがあるか〜い」と、歌いながら聞いてみました(誇張表現あり)。
オバチャンに「はいはい、ありますよ」と、目の前に用意されたのは両切りタバコ。しかもニオイがキツイらしいじゃないですか。

「やっぱりマイルドセブン6mg下さい」

買ったマイルドセブンは同僚にあげました。


もう一つYoutubeの「ゴロワーズ」で一服どうぞ。




オフコースの小田さんキタコレ!
小田さんの口から「ミック・ジャガー」というフレーズが出るのはなんか不思議。


ゴロワーズ、気になるけど死ぬまでに1本吸えればいいや。
そうさそのときは短くなるほど吸いますよ。
パリに飛ぶのは面倒くさいけどね。

posted by HIKISHIO at 23:03| Comment(4) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

小樽市民会館が揺れた!〜Superfly小樽公演に行って来ました〜

superfly_otaru_01.jpg


予告どおり、Superfly小樽公演に行って来ました。
場所はなんと小樽市民会館。

このハコは昭和38年生まれで約1200名収容。
音の良さでは定評があるらしく、最近では奥田民生、井上陽水、B'zなどもコンサートをやったらしい。
1200名程度ってロックやるのにちょうどいいと思いません?
でも、俺はここでロック的なものはベンチャーズしか観たことがありませんw
あ、アマチュアバンドのイベントに友達が出るんで見に行ったこともあるなぁ。そんときは演奏なんて観ないでロビーで女の子とおしゃべりしてたっけ。
あとは、小学校から高校までの「音楽発表会」とか「芸術鑑賞会」などで、実際ステージに立ったり、客席からオーケストラやら映画を観たりした記憶があります。
市民会館と共に大人になったんだよね。

まあ、このホールの思い出について語り始めたら長くなっちゃうんでこの辺で。

築約半世紀のこの市民会館はこんな感じです。

superfly_otaru_02.jpg

天井のシャンデリアと、バルコニーがロックしてるでしょw
昭和だよねぇ。
ここでSuperflyが、恐らく市民会館オープン以来最高の"ROCK SHOW"をやってくれたのです。



リズム&ブルースなオープニングから空気は別世界。
オールドロック好きなオジサンはたまりません!

サイケなヒラヒラ衣装に身を包んだヴォーカルの越智志帆ちゃんが元気に登場!
この娘カワイイですねぇ!
なんでこんな若いのにこのスタイルのROCKを選んだのさ?

Superflyって彼女のソロユニットらしいですが、彼女とバックのメンバーはまるでオリジナルメンバーのよう。"ROCK BAND"でした。
ギター2、ベース、ドラム、キーボードという編成でしたが、グルーヴ感たっぷり。
バンマスのギターの人、パーカッシブなプレイが格好良かった。
弦切れないかと心配。まあ切れてもそのまま弾けや。
俺の席は2階席だったけど、シンプルなセットとギタリストの足元のエフェクター操作も確認できて、ホールのロックコンサートは最高だと再認識。
志帆ちゃんはピアノ弾き語りや、ブルースハープ、アコギも演奏していました。
音の方は各楽器の音がハッキリとクリアに近く聞き取れていい感じ。これが小樽市民会館クオリティか?
俺的にはROCKなんだからもっと音デカい方が良かったけどね。

MCでは、小樽との縁の「スズランペンダント」の話をしてくれました。
彼女の出身地、四国の村で小学生時代に「小樽旅行」の福引きみたいのがあったそうです。そして越智家がなんと当選。2枚しか無いチケットは祖母と母の手に。お土産はオルゴールの他スズランのペンダント。一度も身につけることは無かったアクセサリーだったけど、なぜか今まで無くすこともなく大切に保管。そして北海道公演が小樽に決まったとき、このアクセサリーを思い出し、身につけてきたそうです。
だから、自分がシンガーになってまさか小樽でコンサートをやるとは!
縁があって嬉しいと。

他に印象に残ったMCは、「自分は歌手としてロックのスタイルで生きていくと決めた」的なことを語ったことでした。若いのに立派です。
全面支援します。

客席とのコール&レスポンスもありました。
10代から50代以上、そして小学生まで年代別にやったんですけど、年代であそこまで声色が変わるんですね。
10代はまさに黄色い声援w
20代がファン層一番多いらしいですね、
30代以上から男が増えていきます。わかるわぁw
50オーバーで来ていた人ステキですね。俺もそっち側になったら頑張ってロックしますよ。

圧巻は終盤の彼女のシャウトでした。
これだけで彼女は生きていける。最強の武器だよぉ!
「日本のジャニス・ジョプリン」という大げさな評判に妙に納得。
これだけでも元取れました。感動!
ジャニスの「Ball & Chain」みいたいにカッコ良かったです。

アンコールではKUWATA BANDの「SKIPPED BEAT」もやってくれました。
テレビとは違って「スケベー」で歌ってくれて好感度UP。
「自分のオリジナルより評判がいい」と、笑いを誘ってました。

こんな充実しまくった約140分のSHOWがたったの4,800円!
これは将来彼女の成長を考えると安すぎます。なまら買いです!
残りのツアーを迷ってる方は、安くて取れるうちにヤフオクでもなんでもいいから買うべきです。

お約束で「また小樽に戻ってきます」って言ってたけど、次回は無いとみた!
彼女はきっとビッグになって、小樽市民会館でやったことが嘘みたいな存在になるでしょうね。

24の小娘に惚れました。
また北海道に来たら観に行きます。
ファンの一人として。





今回のツアーメンバーはこんな味のあるトイレに入ったはず・・・。


superfly_otaru_03.jpg

このガラス味があるでしょ?
ロックでしょ?
昭和でしょ?




posted by HIKISHIO at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

Superfly小樽公演に行って来ます

今週の金曜日、若手女性ロックシンガーのライブに行って来ます。

歌が上手い最近の女性ヴォーカリストは、みんなR&Bに走る中、彼女はロック、「リズム&ブルース」です。

ちなみにここでいうR&Bとは、俺みたいなオッサンがいう「リズム&ブルース」じゃなくて、近頃の打ち込み多用のやつです。
ブラコンとか昔からあんまり得意じゃないんですよねぇ。
もちろん良い物は良いですけど。

で、近頃はライブのために予習してます。
予習教材はこのアルバム。
最近は車の中でよく聞いています。







今さらながら、このアルバムいいですね!
なんか、ネットで検索するとLOVE PSYCHEDELICOと、色々比較されているようですけど、クールなデリコに対し、SuperflyはホットかつPOPですね。
迫力ある声量のヴォーカルと覚えやすいフレーズは説得力たっぷり。若い世代だけじゃなく、というか若い人よりオッサンに愛されるアルバムでしょうね。
正直ツボですね。

Superflyの北海道公演は、なんと小樽!
とっても古いけど、味があるホールと評判の小樽市民会館です。

チケットはすでSOLD OUT !
前回のツアーも各地即完売だったそうです。

これから先、なかなかチケット取るのが難しくなりそうなSuperfly。
地元で観られて俺は幸せかもね。

で、Youtubeの動画を貼りますが、POPと評しながら天の邪鬼なんで、アルバム収録曲でPOPではない動画を貼ります。



Superfly ft. Jet - I spy I spy




ファズがかかったベースかっこいいですねぇ!

ロック最高!



posted by HIKISHIO at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

関東地方へ

明日、9月21日は斎藤誠さんのマーティンツアー札幌。



なのになのになのに・・・

だのにだのにだのに・・・



明日から三日間、関東地方の人になります。


誠さんと230王子の凄いギタープレイ観たかったな・・・。


旅行準備中の今、脳内BGMはこれです。







HIKISHIO、行って来ます!







posted by HIKISHIO at 13:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。