2006年10月06日

さよなら。そしてありがとう。小樽こどもの国

小樽出身者なら誰しも思い出があるであろう、

「こどもの国」が一時閉園になります。

とてもとても小さな小さな遊園地が小樽から無くなります。
そして、人手のかからないアスレチック遊具を設置した、新しい「こどもの国」に生まれ変わるそうです。

閉園日は10月9日体育の日。
この日は全ての遊具が無料開放されるそうです
もう時間がないよ。樽っ子のみなさん急げ!
連休は小樽に帰ってさ、大人になった自分を子供に戻してみよう!
そして、子供がいる人はさ、自分の子供と一緒にあの日本一小さな観覧車に乗って

小樽の海を見ましょうよ!

それに、ゴーカートに乗って”あのトンネル”をくぐれるのももう二度とないですよ!



本当は閉園前に、こどもの国特集の記事をUPする予定でしたが、10.9の閉園に間に合いそうにもありません。
近日中にUPします。
タグ:小樽 北海道
posted by HIKISHIO at 00:20| Comment(18) | TrackBack(1) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日ですね、最後の日
なくなっちゃうんですか?
お休みですか
いつまでも樽っ子ちゃんたちの心の中に残ると良いですね
子供の頃遊んだ場所って、大人になってから行くとすごーい懐かしいですよね
思い出は大切です。
Posted by ララル♪ at 2006年10月09日 13:02
28年年前まで小樽に住んでました。
小樽に住んでた頃、良く親に手をひかれてこどもの国に行きました。
昨日で終わりましたね。T‐T
先週小樽水族館に行った際に、子どもに保証牛乳のソフトクリームを食べさせに行き、店の方に尋ねるとまだ開園していることを知りました。
その足でこどもの国に行きムーンロケットや観覧車に30年ぶりくらいに乗りました。子ども達も楽しんでおりましたが、その時に10/9日で閉園と知り、2週連続で行きました。動物がいないのは寂しかったですけど、昔と変わらずそこに在ることが、ただただ嬉しかったです。
幼少時代の思い出を自分の子供たちと共有できる思い出に切り替えることもできました。
できればこのまま残って欲しいですけど、小樽も財政的に厳しいのですね。時代の流れですかね。
ゴーカートは3歳の長男喜んでいました!^^
いつか思い出してくれる日がくるといいな。
Posted by ゆーとなむ at 2006年10月10日 12:09
28年年前まで小樽に住んでました。
小樽に住んでた頃、良く親に手をひかれてこどもの国に行きました。
昨日で終わりましたね。T‐T
先週小樽水族館に行った際に、子どもに保証牛乳のソフトクリームを食べさせに行き、店の方に尋ねるとまだ開園していることを知りました。
その足でこどもの国に行きムーンロケットや観覧車に30年ぶりくらいに乗りました。子ども達も楽しんでおりましたが、その時に10/9日で閉園と知り、2週連続で行きました。動物がいないのは寂しかったですけど、昔と変わらずそこに在ることが、ただただ嬉しかったです。
幼少時代の思い出を自分の子供たちと共有できる思い出に切り替えることもできました。
できればこのまま残って欲しいですけど、小樽も財政的に厳しいのですね。時代の流れですかね。
ゴーカートは3歳の長男喜んでいました!^^
いつか思い出してくれる日がくるといいな。
Posted by ゆーとなむ at 2006年10月10日 12:13
>>ララル♪さん

>子供の頃遊んだ場所って、大人になってから行くとすごーい懐かしいですよね

ここは「日本一小さい観覧車」を始め、「ムーンロケット」など、文化遺産としても貴重な遊具があるところだったんです。TDLとは対極的な昭和の遺産です。
ここに戻ると、かつて何度も握った母親の手の感触を思い出します。
地方都市の財政も厳しく、少子高齢化が進む中、このようなものから先に閉鎖されていく現実は、昭和を引きずる俺には寂しすぎます。
Posted by HIKISHIO at 2006年10月10日 23:34
>>ゆーとなむさん

コメントありがとうございます。小樽出身者の方からコメント頂けるなんて思ってもいなかったので、本当に嬉しいです。
「保証牛乳のソフトクリーム」なんて、小樽人にはたまらないキーワードまで書いていただきありがとうございます。

>幼少時代の思い出を自分の子供たちと共有できる思い出に切り替えることもできました。

そうそう、そうなんですよね。まさか自分も我が子を引き連れこどもの国なんて行くと思っていなかったし、一緒に観覧車に乗ったときは言葉で言い表せない気持ちでいっぱいでした。ずっと乗っていたかったですけど、観覧車は小さすぎてあっと言う間に終わってしまうんですよね。

息子さんの思い出に残るといいですね。
いっぱい小樽に遊びに連れてきて、「なるとの若鶏」も食べさせてあげてください。
Posted by HIKISHIO at 2006年10月10日 23:46
はじめまして。
私も9日の最終日行ってまいりました。
今は札幌在住ですが、22歳まで小樽市は最上町に住んでおりました。
前の日までの大荒れの天気も一転し、あの場所にいたすべての人たちの思い出に一役かってくれたような気がします。
来園者の平均年齢が気のせいか高かったように思うのは私だけでしょうか…。
みんな小さい頃、ここで遊んだんだろうな…と思うと懐かしさと寂しさで胸がいっぱいになりますね。
Posted by 真☆由美 at 2006年10月11日 11:10
>>真☆由美さん

またもや小樽関係者からのコメント!
本当に嬉しいです。ありがとうございます。
「こどもの国」を気にかけている樽っ子は、かなりいるってわかって、すごく嬉しいです。

>来園者の平均年齢が気のせいか高かったように思うのは私だけでしょうか…。

それはしょうがないですよねー。子供が行きたいんじゃなく、積極的に「俺たちが行きたい」からですもの。

でも、俺は子供に技術だとか、資産だとか、親として立派なものは何も残せなさそうですが、代わりに思い出だけは、自分の親に負けないよう、子供にしっかりと残してやろうと思いました。
Posted by HIKISHIO at 2006年10月11日 23:02
>HIKISHIOさん
僕のHPにきて頂いてコメントありがとうございました!
「なるとの若鶏」美味ですよね〜。
今年道外から友達が集まったので小樽散策に連れて行き、寄りました。
「小樽=寿司」と、思っていたらしく驚いていましたよ!^^
子どもはもう少し大きくなってから食べさせてあげたいと思ってます。(3歳&1歳&6ヶ月)
Posted by ゆーとなむ at 2006年10月12日 13:47
>>ゆーとなむさん

お子さまはまだ小さいので、若鶏はちょっと無理ですね。でも、将来はあの味のトリコになること間違いなしです。
俺はバスの中で若鶏を持っている人がいると、その美味しそうなニオイでヨダレが出そうです(笑)
Posted by HIKISHIO at 2006年10月13日 12:05
こんばんは!こんな時間ですし考えたのですが。。
私も結婚するまで小樽の、しかも真☆由美さんと同じ最上町に住んでたこともあるので思わずコメントしちゃいました。
あとなるとです!
私も若鶏の丸焼きが大好きで子どもの頃よく食べたんです!
他にも好きな人いたんですねぇ、札幌に行ってからも1度行ったのですが
丸焼きはなかったような。。小さめを食べたような気がします。
こどもの国が閉園したのは知りませんでした、
昔あったものがなくなっているとさみしいですよね。
イトウというカレー屋さんがあったのは知りませんか?
卵カレーとかいろいろあって美味しかったんですよね。。
なんだかとっても懐かしくなりました!
うちは猫ブログですがバトンで小樽のころのことを書いたのでタグを貼っていて、
ふと小樽タグを検索してみたらこちらをみかけました。
もう転勤で離れ大分経ちますが、懐かしいのでまたきます★
Posted by soramama at 2006年12月11日 03:05
>>soramamaさん

はじめまして、コメントありがとうございます!

バトン拝見いたしましたが、「家からスキーで丘を登り、滑り下りたらリフト乗り場」で吹き出しそうになりました。昔は道路を平気でスキーを滑っていましたよね。俺も子供の頃は裏山の"シャンツェ"から家までスキーで滑って帰ってました。坂の街小樽ならではのエピソードですが、今はクルマが多く危ないですし、そんな子供も見かけなくなりました。

「イトウ」というカレー屋さんは残念ながら存じ上げません。どの辺にあったカレー屋さんですしょうか?
小樽のカレー屋といえば、都通りの「ガリオン」を真っ先に思い浮かべます。あそこは昨年か一昨年に、もらい火で焼けてしまったのですが、現在は復活しているはずです。

なるととこどもの国は、小樽出身者には忘れられない故郷の思い出ですよね。なるとは稲穂と花園以外にも、最近では運河近くの屋台村「出抜小路」にも出店しています。若鶏も健在ですよ。

本文中、こどもの国特集の記事をUPするといいながらかなりの時間が経過していますね(笑)
小樽の話題はほとんどありませんし、好き勝手書いてテーマの定まらない当方のブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by HIKISHIO at 2006年12月12日 11:54
いらしていただいてありがとうございました!
うちは山よりまだ上の水源地の方だったんです。
坂を降りまたかなり登っていくのは小さかった私には大変だったのでそんな事してました ^^;
かついで上がるより、途中で履いて階段のぼりで上がった方がすんなりリフトに乗れるんですよね(笑)
山の上の住人だったので稲穂と花園の違いが忘れてしまったのですが
イトウは駅からまっすぐ行ったところでジーンズ屋さんの隣だったような気がするのですが。。花園でしょうかね?
あとマルイさんの横のモリヤだったかなぁ、
そこも焼けてしまったのですが焼肉定食みたいのが美味しかったですね☆

うちも100回目を迎えいろんな事を書き出しました、
沢山のblogをみさせていただいて影響されてます(笑)
またよかったらいらしてくださいね、
私もきたいと思いますので小樽話とねこちゃんの話なんか聞かせてください★
Posted by soramama at 2006年12月12日 19:17
>>soramamaさん

某甲子園出場校の現在の所在地の辺りでしょうか?

小樽駅から真っ直ぐ下がった辺りは稲穂町ですね。カレー屋さんあったかなぁ???
俺も小樽郊外出身なのでイトウやモリヤについては残念ながらわかりません。丸井を「マルイさん」と呼んでしまうあたりに、soramamaさんの小樽イズムを感じてしまいます。もちろん俺も、親の世代もそう呼んでいました。大國やさん、ニューギンさん・・・昔はデパートも沢山ありましたが、今はひとつもありません(涙)

そういえば、ニューギンザ横の「北海ホテル」は回るレストランがありました。小樽の景気が今よりよかった頃の思い出です。
Posted by HIKISHIO at 2006年12月14日 01:17
お返事ありがとうございます♪
そうですね、そこへは小さな川一つ渡ると行ける感じでしたよ。
よく兄とグランドへにわかテニスをしに行きました、
バスの終点からかなり坂を上がらなくてはならないので
クラスで2番目に家が遠く帰るのが嫌で、途中の友達の家で遊んでました(笑)
中学も坂を下りてまた上っていかなくてはならないので
途中の小さい崖を登っていて捻挫する羽目に ^^;
りすに出逢ったこともありました、一応道はあったんですよ☆
お笑いの加藤は後輩らしいです。
ニューギンなつかしいですねぇ、あの駅からなるとの辺りで終わる繁華街が好きでしたね。
日曜は月に2度現在のなるとの近くの小さな教会へオルガンを弾きに行ってたっけ、
あっ それは東京の短大を卒業して就職で戻ったころですが☆
帰り道マルイさんで五目いなりなど今は亡き母と買って帰りました。
ソフトを買ってもらったのは産業会館でした、あそこのちらし寿司も美味しかったです。
食べることばかりですが、その近くの
”きょうじろう”というパスタ屋さんはなくなったのかなぁ。。
漢字は忘れましたが☆
LUCKY STLIKE(?)もよく行きました、なんだかすごく長く語ってしまってすみません!
回るレストランは兄が好きで行ったような気がします★




Posted by soramama at 2006年12月14日 09:43
>>soramamaさん

産業会館のソフトクリーム・・・そういえばあったような気がします。スーパーのアポロンがメインのテナントで活気がありましたね。今じゃ信じられないぐらい寂れてしまいました。

"きょうじろう"は"叫児楼"ですね。昔のマスターは店をやめて、現在市の観光関係の仕事をしているようです。今は後継者の方が"二代目叫児楼"として営業しているようです。あそこのスパゲッティ美味しいですよね。久々に食べたくなりました。
"ラッキーストライク"は結構前に閉店しました。おしゃれで雰囲気が良かっただけに残念です。

食べる話大歓迎ですよ!
Posted by HIKISHIO at 2006年12月15日 23:51
おひさしぶりです、お元気ですか?
お忙しいのだろうな〜、と何度か帰りました。
いまお試しでアクセス解析ができて覗いてみたら、
なぜか「ラッキーストライク」のヤフー検索でいっぱいきてくれた方がいたようで
こちらの記事もそこからこれました、
初めてコメントしたところですね、ずいぶん書き込んでますね(笑
懐かしいです、小樽寄りの札幌の実家に帰ってきて1年が経ちました。
小樽の写真もいくつか載せれてるのでお時間ありましたらのぞいてみてくださいね〜☆
追記:なにやら怪しいのがでてきますね、1年以上更新されていないブログに出るとありますね〜^^;
Posted by soramama at 2015年05月24日 02:00
soramamaさん、お元気ですか?
忙しいのは確かに忙しいのですが、その忙しさの中で、ブログのパスワード忘れてしまっていました(笑)
2015年にもコメントいただけるなんて、本当に嬉しいですね。
感謝!
ありがとうございます!
Posted by HIKISHIO at 2015年07月22日 01:15
おかげさまで、なんとか元気です。
コメントありがとうございました♪

ありますね、そういうこと。
わたしもコメントしてみてよかったです、
小樽のピアノの研究会にたまに行くので懐かしいです。
駅構内にあるパン屋さんは美味しいですね、
感動の塩パン、ほんとに感激してまた食べたいです。
ほかで買ってみても、なにかちがうんですよね ^^

↑で叫児楼のこと書いてますね、昨年の初雪の日の小樽の日記で書いてますが行きましたよ〜♪
ジャーマンポテトかな? 美味しかったです。
Facebookできょうから潮まつりとみました、
娘と都合を合わせ明日富良野行きを決めてしまっていたので、
水曜も研究会で弾かなきゃだめなので断念しましたw(悲)
Posted by soramama at 2015年07月24日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24957470

この記事へのトラックバック

こどもの国
Excerpt: こどもの国に蛍の光が流れた10月9日。 この日の様子や懐かしい記憶を書きとどめたブログを探してみまし...
Weblog: あの夏の、絵日記の続きを書こう…
Tracked: 2006-10-11 20:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。