2011年09月19日

米買い占め再来か

あまり大きく報道されていないが、スーパーの米の陳列棚は、どこもスカスカだ。

NCM_0159.JPG

写真は、小樽市内の某スーパー。
この光景、半年前に見たのと同じだ。

原因は、いずれも3.11の大震災であるが、買い占めに走らせる理由が違う。
半年前は、当面の食料不足。
今は、将来に渡る放射能汚染への不安だ。

日本人の主食である米への不安は大きい。
昨年の道外産、道産の銘柄米から売り切れ、具体的な産地がわからない「国産米」表示のブレンド米、本州産の新米が売れ残っている。

消費者心理は敏感だ。
しかしながら、気持ちはわからないでもないが、お年寄りが焦って買っていると聞くと、なんだかなぁと思ってしまう。
放射能の影響は子どもが大きいのだが・・・。

小麦等のアレルギーで、米しか食べられない人も少なくはない。
米が無くなったら、その人々は何を食えばいいのだ?
それに、セシウムの半減期恐ろしく長い。今年一年米を確保したところで安全というわけではないだろう。

残念ながら、目の前の食べ物は、放射能汚染されているものもあるだろう。
政府が無責任に基準値を引き上げるからだ。複雑な流通の段階で、ひとつひとつ特定するのは困難だ。
それよりも、我々はしっかりと政府と電力会社を監視し、モノ言う有権者になることが大事ではないだろうか?
そして、政府にエネルギー政策を転換させ、なるべく早い段階で原発を止めることが、これ以上人類の危機を拡大しない方策ではないだろうか?

ラベル:原発
posted by HIKISHIO at 20:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。