2010年06月03日

オトナのオトコ

少年時代、俺はプロレスラーか相撲取りになりたかったけど、こういうオトナにもなりたかった。








テレビで流れる安心な歌謡曲の中の異才。
母親の前では正視してはイケナイ存在。
少年時代、ジュリーを見てると、なぜかエロ本を見てる姿を見られるようにドキドキしたものです(意味不明)



オトナになった俺は、「憎みきれないろくでなし」でもないし、「カサブランカ・ダンディ」でもない。
ましてや「サムライ」だなんて、とてもじゃないけど言えない
ただ、「時の過ぎゆくままに」毎日を過ごし、「OH! ギャル」の前で、「酒場でDABADA」し、思わず「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」しちゃって、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」を感じないようにしたいなぁと思います。




若い頃のジュリーって、今見ると、最近の芸能人には無い独特の色気があるね。

歌謡曲という衣装をまとったロックスター。
ナチュラルボーン歌舞伎役者。
歌うプロレスラー。



かな?


posted by HIKISHIO at 02:30| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジュリーが主演していたTVドラマ「悪魔のようなあいつ」がDVD化されているようですね。当時を知らない10歳年下の友人が買って、「今ならとても放映できない過激な映像!!」と騒いでいましたが、当時小学生だった私は、眠ったふりをしながら布団の中から見ていました(^^)。

ジュリーといい、デ・ニーロといい、ジェレミー・アイアンズといい、ほくろがセクシー。キースのあごにあるほくろも好きです。
Posted by とーこ at 2010年06月04日 16:01
「悪魔のようなあいつ」、あまり記憶にないのですが、子どもには刺激的なベッドシーン満載だったような・・・・・。
若かりしジュリーを越える、エロティックな俳優は最近いるのかなぁ。

ほくろと言えば、新しい首相にも・・・・w
Posted by HIKISHIO at 2010年06月05日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151963431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。