2010年01月11日

久々の更新、久々のスノボ、久々のスキー。

年末年始、仕事ハードでした。
体重も2kgほど落ちました。これはこれで嬉しいですけど・・・。

そんなこんなで、仕事が落ち着いても気力がなく、このブログ放置状態でした。
遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。


久々の休日だった先日、今シーズンからスキーを始めた娘に付き合って、スノーボードを滑って来ました。

場所は、近所の小樽天狗山スキー場です。

tenguyama_2010.jpg

ここは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星 を獲得した、小樽のシンボル的な山です。

スノボは多分2006年以来。ちゃんと滑れるか不安でしたが、体は覚えているものですね。
それよりも、娘のスキーの超スローボーゲンに合わせなければならず、スノボだと足の筋肉が辛かった・・・。
娘には「スピード速い」とクレームが付くし・・・。

後日、娘の上達のためにも俺もスキーで滑った方が良いだろうと、安いセットスキーを衝動買いしてしまいました。
スキーをやるのって約四半世紀ぶり!
身長より高いスキーで、金具はカンダハー、靴はゴム製の時代を知っている者としては、こうやって娘とスキーができる日が来るなんてと、感慨深いものがあります。
次に娘と滑るのが楽しみ!

俺も初めて行ったスキー場が天狗山だったなぁ。
子供の頃はスキー場よりも近所の裏山メインで、そのまま道路を滑って家まで帰ったものでした。
今やったら確実に怒られます(笑)

[PR]スキーを買うなら小樽「うめやスポーツ」

[PR]こだわり続けて30年!確かなギターを買うなら小樽光栄堂!

[PR]なまらジンギスカン食いたい・・・
posted by HIKISHIO at 17:01| ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もスキーは四半世紀以上やっていません。高校の体育では受験前の骨折を恐れてか、ノルディックだったんですよ。おもしろくも何ともない!

子供の頃は、ゴム長にバッチンタイプの留め金(ほとんど獣を仕留める罠に近い)のスキー板から始めました。もちろんリフトじゃなくて、ハの字型になって山を登りながら…。
Posted by とーこ at 2010年01月12日 18:15
☆とーこさん

俺も高校時代はノルディックでした。もちろんジャンプじゃなくてクロカンですけど。
スキーにエッジが無く、よく転倒しました。ホントつまらなかったなぁ。

>ハの字型になって山を登りながら…。
横になって登りながら、みんなでコースをならしたこともありました。
Posted by HIKISHIO at 2010年01月13日 08:44
お〜、天狗山!!
リフトの14番あたりの揺れがなんともいえなかったのを覚えてます、
スノボの方が怖い気がするのですが〜。
でもスキーもずっとしてない私です、
もう主人は使わないと手放してしまったんですよ ^^;
かろうじて処分だけはまのがれましたがw☆

うめやなつかしすぎる!光栄堂もどちらもネットショップがあるのですね、
貴重な1枚をありがとうございます。
お借りして紹介してもいいですか? ^^*

Posted by soramama at 2010年01月13日 12:32
今年もよろしくお願いいたします。

私も、昭和40年代から平成までのスキー板や靴、ウエアーの進歩というか様変わりというか、それにまつわるたくさんの思い出があります。
自分の使ってきた用品って懐かしいですよね。
私も高校時代は歩くスキーでした。


天狗山には登ったことがないんです。
というか・・・景色が美しいとか、スキー場であることとか、それすら知らなかったです。
要チェックですね。

親子でウィンタースポーツを楽しまれていいですね。「お父さんと滑った!」という思い出をたくさんプレゼントしてくださいね。
Posted by まゆら at 2010年01月13日 12:58
☆soramamaさん

14番って、リフトの柱の番号ですか?
今度確認してみますが、soramamaさんの覚えてる頃の天狗のリフトは一人乗り?
近頃は、麓から山頂の二人乗りリフトと、ロープウェイ、山頂のファミリーコース用一人乗りリフトしか運行していません。
機会があればスキー再開をお勧めします。余程嫌いでなければ、小樽で育った体って、覚えてるもんですよ。

「うめや」は、一階だけの営業になってます。昔はスキーといえば「うめや」か「アジア」でした。
光栄堂は健在ですが、向かいの玉光堂花園本店は建物が解体されてしまいました・・・・・。
Posted by HIKISHIO at 2010年01月14日 00:15
☆まゆらさん

スキー板や道具の進歩も凄いですが、ウェアの変遷はもっと凄いですね。
20年前のウェアは恥ずかしいかもしれないけど、40年前のウェアは街で着られるかもしれません。
(※未確認で思いつきで書いてます)

高校の「歩くスキー」って、基本なんですかね?

小樽で誠さんのライブがあれば、天狗山の夜景やらその他諸々接待いたしますよ。
函館にはかなわないですが、小樽もなかなかですよ!

>「お父さんと滑った!」という思い出をたくさんプレゼントしてくださいね。

今現在は、娘からプレゼントを貰ってる最中です。
娘と一緒に滑れて、なまら最高じゃけんだべや!
Posted by HIKISHIO at 2010年01月14日 00:25
☆soramamaさん

追記です。

もちろん写真、文章、ご自由にお使い下さい!

北海道、小樽のPR大歓迎です。
どうぞよろしくお願いいたします!
Posted by HIKISHIO at 2010年01月14日 00:28
ってお返事聞くまえに、きのうさっそくお写真お借りしてリンクさせていただきました ^^*
そうですか、今はあの一人乗りリフトないんですね。
そりゃそうですよね、もうだいぶ経ってますもんね。
そうです、柱の14番がすごく揺れました。
その揺れがあると着くみたいな。
その地で今HIKISHIOさんが娘さんと滑られてるって不思議ですね、
うちの子たちはスキーはおもちゃのミニスキーしか滑ったことありません ^-^;
Posted by soramama at 2010年01月14日 13:57
☆soramamaさん

度々、コメントへのレスが遅れて申し訳ありません。

言われてみれば一人用のリフト、上の方で揺れが激しいところがあったように思いますね。
急な斜面から、山頂ちかくの緩斜面に変わる手前あたりだったような・・・。

ミニスキーなつかしいです!
こちらでもあまり滑ってる子どもを見かけなくなりました。
Posted by HIKISHIO at 2010年01月19日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。