2009年11月26日

LOUDNESS二井原氏が語るストーンズ

日本が世界に誇るヘビーメタルバンド、「LOUDNESS」のボーカリスト、二井原実さんのブログに、ストーンズについて触れた記事がありました。

>歌い方、ねちっこくて、かったるくてが生理的にダメだったのよ。

わかる気がしますw


でも、二井原さん、山川健一氏の本を読んで、ストーンズを無性に聞きたくなったみたいで、アルバム大人買いしてますw


>「何が悲しくて白人のブルースなんて・・・」と思っていたけれど、最近、白人ブルース、それもブリティッシュシンガーのソウルフルな歌に夢中。



かなりわかりますw
俺は白人ブルースから入りましたから。
桑田さんの影響で、ビートルズ、クラプトンで入って、回り回ってストーンズに至りました。
ストーンズ、最初はなんか嫌いだったもんなぁ・・・。

※誤解がないように書かせてもらいますが、二井原さんの音楽性はHR・HM以外にソウル・ファンクに強いっていうか、そっちの道を目指した時期もあったそうです。


二井原さん、こうブログで言ってます。

>50歳になるまでこの良さが分からなかったなんて・・・残念。


すごくわかるのだ!

年代とともに音楽の聴き方は変わりますね。
俺は10代から白人ブルース(つかブルースに影響されたロック)が好きでしたが、この歳になってやっとヘビメタのカッコ良さがわかりました。







・・・今度ヘビメタ礼賛の記事書くかも。


二井原氏が歌うソウルフルな「スローバラード」をどうぞ!



[PR]LOUDNESS
posted by HIKISHIO at 02:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ローリングストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133917535

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。