2010年06月22日

小樽のラーメン屋さん「札幌ラーメン菊や 奥沢店」

今回紹介するラーメン屋さんは、雑誌やテレビなどで取り上げられることの無い、小樽でも知る人ぞ知るラーメン屋さんです。


小樽の老舗、「札幌ラーメン菊や 奥沢店」です。
ここのラーメンを食べるのはなんと高校時代以来。超久々に食べてきました。

kikuya_okusawa_tenpo.jpg


どうですか!このレトロな外観。昭和を感じさせる佇まい。
正直、あまりキレイな感じはしません。店内に入るとその思いを一層強くすることでしょう。

カウンターだけのこぢんまりとした店です。
日刊スポーツと一緒に「赤旗」が置いてあります。カウンター奥の古いブラウン管テレビと共に、なんか昭和を感じます。

メニューです。


kikuya_okusawa_menu.jpg


ドリンクやサイドメニュー、トッピングもありません。
一番上の味噌を注文。
やっぱり「札幌ラーメン」は味噌です。


これが「菊や奥沢店」の味噌ラーメンです。影で見づらくてスイマセン。

kikuya_okusawa2.jpg


薄くスライスされたチャーシュー3枚に、札幌ラーメン定番のもやし、タマネギ、挽肉が乗っています。
スープは若干自分にはしょっぱく感じるも、懐かしい味で幸せな気持ちになります。
これが子どもの頃から食べてきた「札幌ラーメン」の味なんだよな〜。
最近の豚骨だの、魚介だの、複雑になったラーメンとは逆方向の、昔ながらのシンプルなスープです。
味噌の味を邪魔しないといいましょうか。
しょっぱさにも慣れてきます。そう、労働者階級の自分はこれぐらいが丁度良いのかもしれません。
置いてある「赤旗」にも合う味です(意味不明)。

麺はちょっと他では見られない極太縮れ卵麺。
こんなインパクトある麺はここ以外使って無いのでは?
これを体感するだけでも、この店に行く価値あります。
好みは分かれるでしょうが、俺は好きです。この麺。
食べ応え、噛み応え、喉ごし、何れもガツンとしたインパクトです。


清潔な最近のラーメン屋、株式会社化、チェーン店化されたラーメン屋には無いインパクトです。
清潔志向の強い客には向かない店だとは思いますが、このような特徴のあるラーメンを出す店が目立たず存在するなんて、小樽の懐の深さを感じずにはいられません。


しっかりリピーターになった俺は、しょうゆラーメンも頂きました。

kikuya_okusawa_syouyu.jpg

コショウ振った後に撮った写真です。黒い点々はコショウです。

味噌ほどの感動は無いのですが、予想通りのシンプルな優しいしょうゆラーメンでした。


小樽の「隠れた名店」と言ってしまいましょう!


「札幌ラーメン菊や 奥沢店」

〒047-0013
北海道小樽市奥沢1丁目15−7
0134-25-1948
営業時間:11時〜21時
木曜日定休
posted by HIKISHIO at 11:53| 北海道 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

花咲く旅路

やっぱり桑田佳祐(あえて呼び捨て)は天才だ。

そして自分は日本人だ。











ハラッド(初回限定盤)
原由子
B003J35MYO
posted by HIKISHIO at 01:21| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | サザンオールスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

なんてフワフワなんだJAPAN

テレビ東京系列で放送され(北海道はTVh)、子どもたちと、その親たちに大人気の「ピラメキーノ」

はんにゃ、フルーツポンチといった、お笑いコンビのキャスティングも成功の一因ですが、音楽面もなかなか。

大ヒット(?)した、「ピラメキ体操」「onaraはずかしくないよ」に引き続き、今は春から「なんてフワフワなんだJAPAN」が放映されてます。


「なんてフワフワなんだJAPAN」





歌詞の世界と子供版組にはもったいないぐらいに完成された曲とアレンジは、小林克也さんのナンバーワンバンドや、「スネークマンショー」を思い出させてくれます。


例えば「ピザトースト」
「ピザ」なのか「トースト」なのか。

そんな日本のフワフワした感じを歌うこの曲が大好きです。


引用したYoutubeは静止画ですが、ゆるキャラとのダンスから見たい方はTV東京系列の同番組をご覧下さい。



【追加情報】
DVD付きのマキシシングルが発売されるそうです。ダンスも収録予定。
↓ ↓ ↓ ↓

Punchしたっていいんだよ/なんてフワフワなんだJAPAN
Punchしたっていいんだよ/なんてフワフワなんだJAPAN
posted by HIKISHIO at 23:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

Y団「ベスト・オブ・ハラッド〜原由子 Golden Melodies Mix〜」

ハラボーのY団でございます。
やはり、良い曲が多いですね。




原由子さんのベストアルバム「ハラッド」が発売されます。
でも、食指が伸びません。おそらく購入しないでしょう。



ハラボーといえば、「花咲く旅路」もいいですが、「Loving You」が一番好きです。




ハラッド(初回限定盤)
原由子
B003J35MYO
posted by HIKISHIO at 10:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サザンオールスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

オトナのオトコ

少年時代、俺はプロレスラーか相撲取りになりたかったけど、こういうオトナにもなりたかった。








テレビで流れる安心な歌謡曲の中の異才。
母親の前では正視してはイケナイ存在。
少年時代、ジュリーを見てると、なぜかエロ本を見てる姿を見られるようにドキドキしたものです(意味不明)



オトナになった俺は、「憎みきれないろくでなし」でもないし、「カサブランカ・ダンディ」でもない。
ましてや「サムライ」だなんて、とてもじゃないけど言えない
ただ、「時の過ぎゆくままに」毎日を過ごし、「OH! ギャル」の前で、「酒場でDABADA」し、思わず「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」しちゃって、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」を感じないようにしたいなぁと思います。




若い頃のジュリーって、今見ると、最近の芸能人には無い独特の色気があるね。

歌謡曲という衣装をまとったロックスター。
ナチュラルボーン歌舞伎役者。
歌うプロレスラー。



かな?


posted by HIKISHIO at 02:30| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。