2015年07月22日

論破されるヒゲの隊長

明らかに説明不足。

国のカタチ、方針を変えるのにこんなに拙速で、いいかげんで良いのでしょうか?

この程度の与党議員の説明で納得できますか?
番組中、誰一人納得してないですよね。

ネトウヨは、サヨクのテレビ局で、出演者も全部サヨクだとか言い出しそうですが、そんな簡単な問題じゃないですよ。これは。


【たまちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた(モーニングバードバージョン... 投稿者 kotetsu1111
posted by HIKISHIO at 01:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

「あかりちゃん」が自民党の憲法違反な戦争法案を一刀両断

ついに衆院を通過してしまった、平和安全法制こと「日本を戦争する国にするぞ法案」
この無茶苦茶な憲法違反かつ、憲法改正への真剣勝負からも逃げて、国民を欺くペテン法案を、実にわかり易く一刀両断した動画が話題になっています。

元ネタは、自民党の公式動画で、ヒゲの隊長こと佐藤正久氏が、女学生の安保法案に対する疑問に答えるという内容です。

まずは、自民党オフィシャルの動画を見てから、あかりちゃんが、ヒゲに教えてあげる動画をご覧ください。
上が自民党オフィシャル。下があかりちゃんがヒゲに教えてあげる動画です。





いかに、安倍政権のやり方がメチャクチャなのかが、よくわかりますね。
自民党なんて、北朝鮮と目くそ鼻くそ。この動画は洗脳動画です。
正直気持ち悪い!
これにくっついて媚びている公明党と創価学会には、「平和」なんて言葉をもう使って欲しくないわけです。
ネトウヨの連中は、嫌中嫌韓を叫びヘイト活動をする自らの姿を鏡に写せば、大嫌いな相手そっくり、いや、それ以下だってことに気づいていない。
日本を愛し、世界の平和を望むのであれば、自分勝手な理論は通じないことぐらいわかるでしょうに。
相手が独善的なら、こちらも独善的になる必要はあるのでしょうか?

日本人は、今こそよく考えるべきです!
いいかげんに騙されるのはやめませんか?
自公政権、安倍政権は国民をバカにしてますよ。
あなたはバカにされてますよ!


自民党公式動画は、「徴兵制」のところで時間切れになってしまいます。
あかりちゃんの方は、「経済的徴兵制」にまで踏み込んでいます。
現在の若者たちの労働環境、低賃金労働、非正規労働、経済的格差、世代間格差を考えると、経済的徴兵制は、あながち否定出来ないことです。

若い人たち、というか、自分らの子どもの将来を考えて、日本を戦争して良い国には絶対してはならない。
愛する我が子を、そして我が子が将来作るであろう愛する家族を、失うようなことはあってはならぬ。
それを守るのが、俺たちオッサンなのではと思うのでした。




posted by HIKISHIO at 00:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

ブログ復活?

このブログ、長らく放置していましたが、久しぶりの更新です。

seesaaの登録アドレスとパスワードを忘れてしまい、ログイン出来なかったのが理由ですが、今日、久しぶりに色々試みたら、奇跡的にアドレスとパスワードが一致しました。

この間、主にFacebookを利用していたので、正直このブログがなくても困らなかったんですが、本名のFBだと「しがらみ」で書きづらいこともあるというのが本音です。

たまに気が向いたら、「声を大にして言いたいけど、実社会では言いづらいこと」をここに書くかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by HIKISHIO at 21:23| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

【覚え書き】タイヤ交換2012春

冬タイヤから夏タイヤへの交換。
今年は4月21日でした。

雪が多かった冬でしたが、ここ数日で春が猛ダッシュしています。
今日はポカポカで、上着なしでタイヤ交換作業をしました。
外でジンギスカンなんかしたら最高だったでしょうね。
posted by HIKISHIO at 20:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド札幌公演

※セットリストあり。ネタバレ注意

地下鉄豊平公園駅で下車すると、きたえーるまでの地下通路は、オッサンたちの長い列。
平日夜という時間から、帰宅ラッシュにも見えなくもない。
しかし、このオッサンたち(自分も含む)は、帰宅するのではなく、ショウを見に行くのでした。
そうです。クラプトンとウィンウッドのLIVEが11月17日に行われました。
この組み合わせ、あの「Blind Faith」の再来です!


ウエスなどとは違い、比較的ゆるいUDOの手荷物チェックで会場入りして、座席を確認。
きたえーるの座席表は以下のとおり。

NCM_0514.JPG

自分の席はこの辺りでした。

NCM_0516.JPG

写真ボケていますがPA席です。

NCM_0517.JPG

グッズ売り場は長蛇の列。今回のTシャツ、個人的にはデザイン良かったと思う。

NCM_0518.JPG

パンフ2500円には、マグカップが付いてきます。どっちがメインなんだか・・・。

会場には、ポマードやヘアトニックなどのオッサン臭が充満。
開始前、興奮気味のガイジンさんが何か叫んでいましたが、ここは札幌、しかも加齢な客層。反応は静かでした。

さて、仲良さげに出てきた、エリックとスティーヴ。
定刻を10分ほど遅れてスタートです。
いきなりブラインド・フェイスの「Had to Cry Today」でスタート。
一斉に立ち上がるアリーナ観客・・・でもなく、半分ぐらいでした。
後ろのオッサンが腕組みしながらふんぞり返って、「立ったら見えんがな」的なことを言ってたけど、嫌ならスタンドで見ればいいのにと思ったり・・・。

4曲目にはもう「Presence of the Lord」
クラプトン、「あのギターソロ」も披露。素晴らしい!

ステージが進むにつれ、スティーヴの魅力に堕ちていく自分に気がつく。
声も歌も、ギターも、オルガンも素晴らしい。ECが惚れ込むだけある。
それほど好んでいなかったアーティストだったけど、すっかりファンになってしまった。

「Driftin'」から4曲ほどアコースティックセット。
名曲「Can't Find My Way Home」もシッカリやってくれました。
今回のツアーは「黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents」なのですが、
マーチンよりストラトを弾きまくっていましたw

弾きまくるクラプトンを堪能できるといえば、「Voodoo Chile」
これはもう圧巻!!
66歳でこんなにアグレッシブだなんて、凄いよエリックさん!

本編ラストの「Cocaine」では総立ち!
アンコールが終わっても、歓声と拍手はしばらくやまなかったほど。
ふんぞり返って座ってたオッサンも立ち上がって叫んておりましたよ。

今回は、クラプトンwithウィンウッドではなく、クラプトン&ウィンウッド。
ECがバックに回ってギターに専念することが多く、そのぶんいつもよりギターが楽しめます。
いやー、エリック・クラプトンはやっぱり凄いギタリストだった!

クラプトンのゴキゲンもよろしかったようで、ウィンウッドに語りかけるように「LAYLA」のイントロを弾いたり、「サンキュードモアリガット」のトーンも高かったように感じました。

正直、今回のLIVE、あまり気乗りしなかったんだけど、行って良かった!
ストーンズ札幌ドーム、前回のEC札幌ドームも素晴らしかったけど、今回もまた「札幌の奇跡」でした。

NCM_0520.JPGセットリストはこちら
posted by HIKISHIO at 14:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。